【ギャラリー&スペック】トヨタGR010、WEC新時代“ル・マン・ハイパーカー”に投入される新型車

 1月15日、WEC世界耐久選手権に参戦しているTOYOTA GAZOO Racingは2021年シーズンに向けた新型プロトタイプカー『トヨタGR010ハイブリッド』を発表した。2020年にル・マン24時間レース3連覇を達成し、その記録をさらに伸ばすことを目指すトヨタは、今季からWECで導入されるLMHル・マン・ハイパーカー規定という新規則の下で行われる、LMP1後継の最高峰カテゴリー『ハイパーカークラス』に、2台のGR010ハイブリッドを投入してシリーズを戦っていく。

 新規定下ではBoP(バランス・オブ・パフォーマンス)によって車両間の競争力を調整することから、ハイブリッドシステムを搭載しない例を含め幅広い種類のパワートレインの使用が認められている。レーシングハイブリッドシステムの“パイオニア”的存在であるトヨタは当然、同社自慢のハイブリッドシステムを新型マシンに搭載。アイシンAWとDENSOが共同開発した、最大272psを発揮するフロント駆動用モータージェネレーターユニット(MGU)と組み合わせられるエンジンは、排気量3.5リットルのV6直噴ツインターボとなることがアナウンスされている。



トヨタGR010ハイブリッド




2021年1月15日に正式発表されたトヨタGR010ハイブリッド

トヨタGR010ハイブリッド
トヨタGR010ハイブリッド
トヨタGR010ハイブリッド
トヨタGR010ハイブリッド
トヨタGR010ハイブリッド
トヨタGR010ハイブリッド
トヨタGR010ハイブリッド
トヨタGR010ハイブリッド
トヨタGR010ハイブリッド
トヨタGR010ハイブリッド
トヨタGR010ハイブリッド

■トヨタGR010ハイブリッド テクニカルスペック

車体構造 カーボンファイバー構造
ギアボックス 横置きシーケンシャル7速
ドライブシャフト トリポッドCVジョイント式ドライブシャフト
クラッチ マルチディスク
ディファレンシャル 機械式デフロック
サスペンション プッシュロッド式独立懸架ダブルウイッシュボーン(前/後)
スプリング トーションバー
アンチロールバー 前/後
ステアリング 油圧式パワーステアリング
ブレーキ アケボノ・モノブロック軽合金キャリパー/ベンチレーテッド・カーボンディスク
ホイール レイズ製マグネシウム鍛造ホイール 13×18インチ
タイヤ ミシュラン・ラジアル(31/71-18)
全長 4900mm
全幅 2000mm
全高 1150mm
車重 1040kg
燃料積載量 90リッター
エンジン形式 V型6気筒直噴ツインターボチャージャー
バルブ数 4/シリンダー
エンジン排気量 3.5リットル
燃料 ガソリン
エンジン出力 500kW/680PS
ハイブリッドパワー 200kW/272PS
バッテリー ハイパワー型・トヨタ・リチウムイオン電池
フロントモーター/インバーター アイシンAW/デンソー製