ランボルギーニ、2020年の世界販売台数は7430台に。下半期最高のデリバリー数も記録!

ランボルギーニ、2020年の世界販売台数は7430台に。下半期最高のデリバリー数も記録!

2020年に投じた新型車は6モデル

アウトモビリ・ランボルギーニは、2020年の世界販売台数が7430台を記録したと発表。新型車を6モデル投入し、新型コロナウイルス感染症(COVID-19)が社会を覆う厳しい環境下でありながら、前年比9%ダウンに留めた。

2020年はCOVID-19拡大予防措置のもと、ランボルギーニの工場も春に70日間の生産停止を余儀なくされた。しかし、後半には勢いを取り戻し、下半期の6ヵ月では同期間で史上最高のデリバリー数を記録している。

地域別の販売台数は、最も多かったのがアメリカの2224台、2位のドイツが607台。中国本土及び香港、マカオが604台、日本が600台、英国517台、イタリア347台と続く。伸び率で最も高かったのが韓国のプラス75%で、303台を売り上げている。

ランボルギーニ ウルスの正面

最も売れたのはウルス

ランボルギーニは2020年に6モデルの新型車をローンチ。ウラカン EVO RWD クーペとスパイダーをはじめ、シアン ロードスター、エッセンサ SCV12、ウラカン STO、SC20といったスペシャルなモデルを市場へ投入した。

最量販モデルはSUVのウルスで、合計4391台を販売。2020年には早くも生産1万台を記録した。V10ウラカンもプラス3%の2193台、V12アヴェンタドールも846台をデリバリーし、堅調なセールスを後押ししている。

Yohji Yamamoto(ヨウジヤマモト)とコラボレーションした特別なランボルギーニ アヴェンタドールS

コロナ禍での前例のない「挑戦」

アウトモビリ・ランボルギーニにとって、2020年は特別な1年となった。ウルスとアヴェンタドールが生産1万台を記録したのを筆頭に、ランボルギーニ・ラウンジ東京の開設、ヨウジヤマモトとコラボしたアヴェンタドール Sの発表など、続々とニュースを発表した。

COVID-19により社会活動が制限された中では、マスクやフェイスシールドの生産、イタリアの人工呼吸器メーカーであるシアレ社の呼吸シミュレーター製造支援にも乗り出した。9月にはコロナと闘うイタリアを応援する文化的プロジェクト「With Italy, for Italy」をスタート。12月にもレディ・ガガとコラボレーションしたチャリティキャンペーンを実施している。

ランボルギーニ シアン FKP 37とドゥカティ ディアベル 1260 ランボルギーニ

ヨットやモーターサイクルともコラボ

異業種とも積極的に交流を図り、前述のヨウジヤマモトはもとより、ストリートウェアブランドのSupremeともコラボレーションコレクションを製作。4月27日に発表した春夏コレクションは、わずか48時間で完売したという。

また、高級ヨットブランドのTecnomarともタッグを組み、「シアン FKP 37」にインスパイアされたモーターヨット「Tecnomar for Lamborghini 63」も発表している。さらにシアン FKP 37はヨットだけでなく、モーターサイクルにも世界観を拡大。生産わずか630台の特別な「ドゥカティ ディアベル 1260 ランボルギーニ」を送り出した。

ステファン・ヴィンケルマン社長兼CEO

帰ってきたヴィンケルマンCEO

また、12月1日には新社長兼CEOとしてステファン・ヴィンケルマンが復帰。同社の快進撃の下地を作った名物リーダーが、再びランボルギーニの陣頭指揮をとることになった。ステファン・ヴィンケルマンは次のように語る。

「全世界的に挑戦の1年となった2020年、多難の中でもたらされた結果は、ランボルギーニのチーム全員の献身と反骨の精神に支えられた素晴らしい仕事の証明に他なりません。再び、我々の未来を作る一員となれたことは、私にとって大変な誇りです。私たちの一体感は過去1年を通じてさらに強くなり、社会責任を果たすことの価値、そして革新へと乗り出す姿勢は今後に挑む基盤となります。2021年もプロダクトレンジをより強化し、新しいビジネスを積極的に模索してさらにブランドの成長に努めて参ります」