ニッサン、カスタマイズモデル特設サイトを1月15日から公開。バーチャルオートサロンにも出展

 1月14日、ニッサンはカスタマイズモデルの特設ウェブサイト『NISSAN CUSTOMIZE 2021(ニッサン・カスタマイズ2021)』を1月15日から公開し、同日から開催される『バーチャルオートサロン2021』へも同様の車両を出展すると発表した。

 ニッサン・カスタマイズ2021はコンセプトカーをはじめ、2020年7月に発表されたクロスオーバーSUV『ニッサン・アリア』や、9月に公開され、大きな話題を呼んだ『フェアレディZプロトタイプ』のほか、ニッサンのモータースポーツ部門であるニスモが手掛けるロードカーなどが楽しめる専用ウェブサイトだ。

 ニッサンが新たに展示するコンセプトカーは2台となり、1台は『NV350キャラバン』をベースに、これからの自由な働き方に合わせ、好きな場所でデスクワークができるオフィスポッドを組み合わせた『NV350キャラバン・オフィスポッド・コンセプト』。

 NV350キャラバン・オフィスポッド・コンセプトのエクステリアは、オンロードもオフロードもこなせるオールラウンダーを表現。インテリアは、都会ではオフィスを車内に格納してプライベートで安全な空間、自然のなかではオフィスをバックゲートから引き出して広々とした開放的な空間を演出する。また、室内からアクセスできるルーフバルコニーも装備している。

 そしてもう1台は、昨年12月にフルモデルチェンジが行われた新型『ノートe-POWER』に、スポーティで存在感のあるアクセサリーを装備した『ノート・プレイギヤ・コンセプト』だ。エアロパーツと17インチアルミホイールに加え、ルーフボックスを装着したこのコンセプトカーでは、新型ノートe-POWERをより楽しむことができる新しい形のカスタマイズを提案するという。

NV350キャラバン・オフィスポッド・コンセプト
NV350キャラバン・オフィスポッド・コンセプト
ノート・プレイギヤ・コンセプト
ノート・プレイギヤ・コンセプト

 そのほかにもニッサン・カスタマイズ2021では、ニッサンのプレミアムスポーティブランド『AUTECH(オーテック)』のコンセプトカーや、ニスモが手掛けるGT-Rニスモ、リーフ・ニスモなどが出展される。

 さらにモータスポーツ車両では、2020年のスーパーGT GT300クラスで藤波清斗/ジョアオ・パオロ・デ・オリベイラの手によってシリーズチャンピオンに輝いた『リアライズ日産自動車大学校GT-R』も見ることが可能だ。

 なお、これらの車両はバーチャルオートサロン2021(https://2021.virtualautosalon.jp/)にも同様の車両が出展されるとのこと。展示車両の詳細についてはニッサン・カスタマイズ2021のウェブサイト(https://www2.nissan.co.jp/EVENT/CUSTOMIZE/)まで。

リアライズ日産自動車大学校GT-R
リアライズ日産自動車大学校GT-R
ニッサンGT-Rニスモ
ニッサンGT-Rニスモ
1月15日に発表予定の新型キックス『AUTECH』
1月15日に発表予定の新型キックス『AUTECH』