フェラーリの最新オープンモデル、ポルトフィーノ Mが日本上陸。最高出力は620psにパワーアップ

 フェラーリ・ジャパンは2021年1月14日、最新2+GTスパイダー『フェラーリ・ポルトフィーノ M』の日本上陸を発表した。
 
 2020年9月にイタリア・マラネロで初披露されたフェラーリ・ポルトフィーノ M。車名に入っている『M』は、イタリア語のModificataの頭文字で、英語ではモディファイに相当する。フェラーリ車ではパフォーマンスを押し上げる進化を遂げたモデルに使われてきた名称だ。

 フェラーリ・ポルトフィーノ Mのボディサイズは全長4594mm、全幅1938mm、全高1318mm、ホイールベースは2670mm。

フェラーリ・ポルトフィーノ Mのサイドスタイル
フェラーリ・ポルトフィーノ Mのサイドスタイル
フェラーリ・ポルトフィーノ Mのリヤスタイル
フェラーリ・ポルトフィーノ Mのリヤスタイル

 パワートレインは総排気量3855ccのV型8気筒ターボチャージドエンジンを搭載し、456kW(620ps)の最高出力と、760Nmの最大トルクを発生する。

 ギヤボックスも従来の7速とはまったく異なる新ユニットの8速化に進化した。これはオイルバス式デュアルクラッチ構造で、クラッチモジュールは20%小型化され、トルクデリバリーは35%向上している。

 また、フェラーリ製のGTスパイダーとして初めて、5ポジションの「マネッティーノ」が採用されたのも大きな進化だ。「wet」「comfort」「sport」「race」「esc-off」が設定されている。
 
 デザイン面では、フロントエンドに新デザインが採用され、バンパーはスポーティでアグレッシブな形状になり、精悍な印象が強まっている。

 サイド・パネルのデザインに流れ込むフロント・バンパーの切り込みは、車体側面のデザインに流れるようにつながっていて、空力性能が向上したことを強調している。
 
 インテリアにも手が入れられた。ダッシュボードの中央に水平なアルミニウムのブレードを配して分割し、下部のくぼんだエリアに制御機能が配置されたほか、センターには10.25インチのタッチスクリーンを採用する。

 また、最新のオープンモデルに相応しく、ADAS(先進運転支援システム)やベンチレーションおよびヒーター機能を備えるシートが採用されるなど、快適なオープンドライブが楽しめる環境が整っている。

フェラーリ・ポルトフィーノ MにはV型8気筒ターボチャージドエンジンを搭載
フェラーリ・ポルトフィーノ MにはV型8気筒ターボチャージドエンジンを搭載
フェラーリ・ポルトフィーノ Mのインテリア
フェラーリ・ポルトフィーノ Mのインテリア
フェラーリ・ポルトフィーノ Mのインテリア
フェラーリ・ポルトフィーノ Mのインテリア
フェラーリ・ポルトフィーノ Mのインテリア
フェラーリ・ポルトフィーノ Mのインテリア
フェラーリ・ポルトフィーノ Mのインテリア
フェラーリ・ポルトフィーノ Mのインテリア