フランスFIA-F4王者の岩佐歩夢、レッドブルジュニア入りか。公式ホームページのラインナップに登場

 2021年1月13日、レッドブルが将来有望な若手ドライバーを支援する組織『RedBull Junior Team(レッドブル・ジュニア・チーム)』のホームページに掲載されているドライバーリストに、昨季フランスFIA-F4で王者に輝いた日本の岩佐歩夢が登場した。

 岩佐のジュニアチーム入りについて、レッドブルからの公式発表はされていないが、先行してホームページ上に岩佐のページが開設されたようだ。

 現在19歳の岩佐歩夢は2019年、NTTインディカーシリーズに参戦中の佐藤琢磨がプリンシパルを務める鈴鹿サーキットレーシングスクール・フォーミュラ(SRS-F)でスカラシップを獲得。2020年シーズンはフランスFIA-F4にホンダ・フォーミュラ・ドリーム・プロジェクト(HFDP)の一員として参戦した。

 初のF4シーズンフル参戦にもかかわらず、岩佐は初の海外舞台でもスカラシップ獲得ドライバーの名に恥じぬ非凡な速さを披露。開幕戦レース1でいきなり優勝、シーズン21レースを戦い9勝を含む15回の表彰台を獲得してシリーズ王座に輝いている。

 そんな岩佐の速さに将来的な可能性を見出し、そしてこの育成システムを辿りF1へ昇格した角田裕毅(アルファタウリ・ホンダ)という成功事例が、レッドブル陣営を感化させ今回の抜擢に繋がったのではないだろうか。

 岩佐が2021年シーズン、どのカテゴリーに参戦するのかはまだ明かされていない。ただ海外メディアの情報を総合すると、FIA-F3へ参戦し、チームはハイテックGPと噂される。昨季ハイテックGPはチームランキング年間4位、同チームに所属したレッドブルジュニアのリアム・ローソンはシーズン3勝を挙げランキング5位だった。

 おそらく1月15日に行われるホンダの2021年四輪モータースポーツ参戦体制発表会において、何らかの発表があるものとみられる。ホンダ育成でレッドブルジュニアの先輩、角田に続く若武者がどんなレースを展開するのか注視したい。

2020年FIA-F2第12戦レース1で優勝した角田裕毅(当時カーリン)
2020年FIA-F2第12戦レース1で優勝した角田裕毅(当時カーリン)

角田裕毅は2021年、アルファタウリ・ホンダからF1デビューする
角田裕毅は2021年、アルファタウリ・ホンダからF1デビューする
2020年FIA-F3第4戦レース1で優勝したリアム・ローソン(当時ハイテックGP)
2020年FIA-F3第4戦レース1で優勝したリアム・ローソン(当時ハイテックGP)
2020年FIA-F3第4戦レース1で優勝したリアム・ローソン(当時ハイテックGP)
2020年FIA-F3第4戦レース1で優勝したリアム・ローソン(当時ハイテックGP)