【電装系DIYやってみた#06】20系ヴェルファイアで純正HIDからLED化ってどうやるの!?【30〜240分】

明るくロングライフな
LEDバルブで安全性アップ!

HID→LEDバルブ交換
難易度★☆☆☆☆ 作業時間30〜240分

簡単交換バルブの登場でHID→LEDが身近に

ヴェレーノ・LEDヘッドライト11000ルーメン

最新のヘッドライトの光源といえばLEDだ。純正採用車種も増えているし、ハロゲンバルブをアフターメーカーのLEDバルブに交換するケースも多い。その理由の一番は明るさ。当然、明るくなれば夜道での視認性はアップするので安全面でも効果は大きい。

以前は純正HIDバルブをLEDバルブに交換しても明るさが大きく変わるわけでもないし、純正バラストを経由しない独自の配線加工が必要で取り付けが面倒だったため、メリットが薄かった。

しかし、その常識を覆したのが、ヴェレーノ・LEDヘッドライト11000ルーメンだ。配線加工が必要だったのを、実用新案取得のコネクター式に変更。

さらに光源が1点に集まっているLEDの配光を自由に調整できる新機構を採用している点が大きい。しかも、純正HIDと比較して約1.5倍の明るさとなれば交換するメリット大。瞬時に点灯するLEDの力は偉大だ。

簡単交換LEDバルブで、その魅力を存分に堪能しよう。


「【電装系DIYやってみた#06】20系ヴェルファイアで純正HIDからLED化ってどうやるの!?【30〜240分】」の1枚めの画像HID

元々6500KのHIDを装着していたので、驚くほど見た目がかわるわけではない。一番の魅力は、ライトスイッチをONすれば瞬時に100%で点灯するということ。HIDのようにぼわーっと明るくなっていくよりも安全性が格段にアップする。

●DIY装着パーツはこちら

ヴェレーノ・LEDヘッドライト11000lm

純正HID車を簡単にLED化できるバルブ
実測値の明るさを武器に様々なバリエーションのLEDバルブをラインアップするヴェレーノの最新バルブ。純正HIDからLEDへの交換は、従来配線の加工が必要だったが、実用新案を取得したコネクターを採用。さらに取り付け後の配光の調整も、以前はイモネジを使っていて手間がかかっていたが、バルブ本体を回せる仕組みを取り入れることで簡便化。実測値最大11000ルーメンの明るさだけではなく簡単さも進化している。


「【電装系DIYやってみた#06】20系ヴェルファイアで純正HIDからLED化ってどうやるの!?【30〜240分】」の1枚めの画像最大11000ルーメンの実測値を実現するLEDチップ。発光色も7000Kのスタイリッシュなホワイト光を採用しているぞ。

【PARTS SPECIFICATION】
■価格:1万9000円
■対応バルブ:D2S、D4S
問:ライツトレーディング 093-616-1141
http://veleno.jp

●作業スタート

その1 HIDバルブを取り外す
何にはなくとも純正のHIDバルブを取り外さなければ話は始まらない。基本的な手順を説明すると、ヘッドライト裏のカバー→コネクター→HIDバルブの順番で取り外す。おおまかにはハロゲンバルブの交換とほぼ同じだ。ただし、車種によってはバンパーをはずさないと交換作業ができない場合もあるので要注意。


「【電装系DIYやってみた#06】20系ヴェルファイアで純正HIDからLED化ってどうやるの!?【30〜240分】」の1枚めの画像●1_1 まずはヘッドライト裏側のカバーを取り外す。ねじ込まれているだけなので、工具などを使わなくてもギュッとひねれば簡単に取り外せるはずだ。

車種によって難易度激変!!

作業が簡単になったとはいえ、車種によっては難易度が変わるので注意。ひとつはヘッドライトハウジングにヴェレーノのコード&コントローラーを収めるスペースがあるかどうか。収めるために純正バラストを外した方がいい車種もあるので肝に命じておこう。

その2 LEDバルブを取り付ける
LEDバルブを取り付ける手順は、HIDバルブを外したときとほぼ逆。唯一異なるのは、LEDバルブに取り付けられているリングを先に装着しておくことくらい。ヘッドライトハウジングにユニットを収めるスペースがなければ市販の汎用カバーに交換する手もある。


「【電装系DIYやってみた#06】20系ヴェルファイアで純正HIDからLED化ってどうやるの!?【30〜240分】」の1枚めの画像●2_1 LEDバルブに取り付けられているリングを取り外す。ギュッとひねるようにすれば簡単に抜ける。

スタイルワゴン2021年1月号より


[スタイルワゴン・ドレスアップナビ]