コンパクトな3列SUV『メルセデス・ベンツGLB』に、AMGの“35シリーズ”が追加設定

 メルセデス・ベンツのSUVラインアップで“B”の呼称を採用するコンパクトな車体に、広い室内空間と7人乗車の3列シートを標準としたコンパクトSUV『GLB』に、公道での気持ちの良いドライビングに焦点を当てたメルセデスAMGのハイパフォーマンスモデル『メルセデスAMG GLB35 4MATIC』が登場。1月12日より予約受注が開始されている。

 究極のオフローダーである旗艦『Gクラス』からインスピレーションを受けたスクエアなエクステリアデザインと、高い悪路走破性を持ちつつ日本の都市部でも取り回しのよいボディサイズを実現した「すべてを備えた本格SUV」として誕生した『GLB』は、2020年6月の日本上陸以降クリーンディーゼル搭載の200dと、ガソリン直噴ターボに4輪駆動を組み合わせた250 4MATIC Sportの2機種を展開してきた。

 今回、新たに追加された『メルセデスAMG GLB35 4MATIC』は、AMG35シリーズで“6番目のモデル”となり、前輪駆動アーキテクチャーの車体に高出力なエンジン、トラクションを確保する4輪駆動システム、高い剛性とアジリティのためのシャシー補強やサスペンションセッティングなど、高次元のドライビングパフォーマンスを実現しつつ、快適性も損なうことがないよう開発された。

 その核となるパワートレインには、最高出力306PS、最大トルク400Nmを発生する2リッター直列4気筒直噴ターボの“M260”を搭載。ツインスクロールターボや可変バルブリフトシステムのCAMTRONIC(カムトロニック)を採用し、8速デュアルクラッチを組み合わせる。

 このAMGスピードシフトDCTは、全速度域でのきわめて自然な加速性能に加え、素早いシフトとシフトアップ時の最適なギヤのつながりが得られるようにセッティングされ、俊敏かつダイナミックで気持ちの良い加減速を実現する。

 また、AMGエグゾーストシステムには自動制御のフラップが装備され、選択したドライブモードに応じてバランスの取れた音色から、ドライバーの感性を刺激するモータースポーツ譲りのエキゾーストサウンドまで切り替えを行うことが可能となる。

 その性能を支える足元では、フロントにマクファーソンストラット、リヤにマルチリンク式のサスペンション形式を採用し、リヤ側は3本のラテラルアームとトレーリングアームで強固にホイールの位置決めをすることで、ハンドリングのアジリティと走行安定性を最大限に高めている。

 さらに標準装備となる“AMG RIDE CONTROLサスペンション”は、ダンパーを制御して3つのモードを選択することができ、システムは走行状況や路面の状態に応じて各ホイールに対する減衰力を自動で調整。その調整は連続可変式となっており、減衰特性を広い範囲にわたって変化させる。

 そしてフロントに新型モノブロック対向4ピストンキャリパーと350mmディスク、リヤにはフローティングキャリパーと330mmディスクを搭載したブレーキシステムは、ローターをドリルドベンチレーテッドタイプとし、熱の発散を高めることで過酷な使用条件下でもフェード現象を予防。シルバーペイント仕上げのブレーキキャリパーには、ブラックのAMGロゴが入れられている。

 パフォーマンス志向のトルク可変配分4輪駆動制御のAMG 4MATICは、トルクの前後配分を状況に応じて連続可変制御し、前後100:0から50:50までの範囲で変化。リヤデフに内蔵された電気機械制御式の多板クラッチにより、電気油圧システムに対してトルク配分可変範囲全体にわたってクラッチのレスポンスが速く、動作が速度に依存しないことなどから、よりシャープなドライビングダイナミクスが得られる。

 そのほかにも、5つのドライブモードが用意されるAMGダイナミックセレクトや、サーキット走行時に80件以上の車両データ(車速、加速度など)を常時記録することが可能なAMGトラックペースも用意され、価格は737万円(税込)となっている。

専用デザインによる、クローム仕上げの円形デュアルエグゾーストエンドを装備する
専用デザインによる、クローム仕上げの円形デュアルエグゾーストエンドを装備する

メルセデスコール:0120-190-610
メルセデス・ベンツ日本ウェブサイト:http://www.mercedes-benz.co.jp