フェラーリF1、新加入サインツのために旧型車でのテストを計画

 2021年のF1プレシーズンテストが3日間に限定されるなか、フェラーリは、新たに加入したカルロス・サインツJr.のために、旧型フェラーリF1でテストを行う機会を設けることを検討している。

 基本的には前年型のマシンが引き継がれる2021年、F1はコスト削減の意味もあり、プレシーズンテストの日数を昨年の6日間から半分の3日間へと変更した。これにより、F1ルーキーおよび移籍するドライバーたちが新たなチームとマシンに慣れるための時間が大幅に減らされる。

 F1レギュレーションでは、最新マシンでのテストの機会は厳しく制限されているが、2020年直前3年のマシンでのテストは可能だ。フェラーリF1代表マッティア・ビノットは、そういう形でサインツをフェラーリF1マシンに乗せることを考えている。

フェラーリF1の2020年末メディアイベントに出席したシャルル・ルクレール、マッティア・ビノット代表、カルロス・サインツJr.
フェラーリF1の2020年末メディアイベントに出席したシャルル・ルクレール、マッティア・ビノット代表、カルロス・サインツJr.

「我々チーム、エンジニア、マシン、働き方、手順に素早く慣れることができるよう、カルロスのために計画していることがある」とビノットが述べたと『Formula1.com』が伝えた。

「そういう面でシミュレーションは重要になるだろう。だが今計画しているのは、1月に旧型マシンで走行する機会を設けることだ」

 一方で、サインツの後任としてマクラーレンに加入したダニエル・リカルドや、アストンマーティン(前レーシングポイント)に移籍したセバスチャン・ベッテルには、同様の機会は提供されないようだ。

 マクラーレンは2021年にパワーユニット(PU/エンジン)をルノーからメルセデスに変更するため、旧型車でテストを実施することは不可能であると、代表アンドレアス・ザイドルが認めた。

 アストンマーティン/レーシングポイント代表オットマー・サフナウアーも、2年前のマシンを走らせることはできないと述べ、ベッテルにはシミュレーターなどを利用して開幕戦までの準備を整えさせるという意向を示している。