F1、2021年シーズンの改訂版カレンダーを発表。開幕戦はバーレーンで3月28日に開催

 1月12日(火)、F1は2021年シーズンのカレンダーの改訂版を発表した。この新しいカレンダーによると、2021年の開幕戦は3月26〜28日にバーレーンで開催されることになり、オーストラリアGPは11月に延期されることになった。

 オーストラリアでは、新型コロナウイルス感染拡大防止のため入国時に厳格な措置を取っており、2021年シーズンの開幕戦として予定されていたF1オーストラリアGPは延期が濃厚だと報道されていた。

 そしてその報道どおり、オーストラリアGPの延期が決定。当初は3月19〜21日にメルボルンで開催予定だったオーストラリアGPは、シーズン後半の11月19〜21日に延期となった。

 またF1の発表によれば、移動制限が継続されていることにより、中国GPも当初のスケジュール通りには開催できないという。それに伴い、4月16〜18日にイタリアのイモラでグランプリを開催することが決まった。なおプロモーターと中国当局の議論は現在も続いており、可能であればシーズン後半にスケジュールを変更する可能性もあるとのことだ。

 改訂版のカレンダーでは第3戦がTBCとなっているが、詳細は後日発表される。

■2021年F1世界選手権カレンダー(2021年1月12日発表)

Round 日程 開催地
1 3月28日 バーレーン(サクヒール)
2 4月18日 イタリア(イモラ)※
3 5月2日 TBC
4 5月9日 スペイン(バルセロナ)
5 5月23日 モナコ(モナコ)
6 6月6日 アゼルバイジャン(バクー)
7 6月13日 カナダ(モントリオール)
8 6月27日 フランス(ル・キャステレ)
9 7月4日 オーストリア(シュピールベルク)
10 7月18日 イギリス(シルバーストン)
11 8月1日 ハンガリー(ブタペスト)
12 8月29日 ベルギー(スパ・フランコルシャン)
13 9月5日 オランダ(ザントフォールト)
14 9月12日 イタリア(モンツァ)
15 9月26日 ロシア(ソチ)
16 10月3日 シンガポール(シンガポール)
17 10月10日 日本(鈴鹿)
18 10月24日 アメリカ(オースティン)
19 10月31日 メキシコ(メキシコシティ)
20 11月7日 ブラジル(サンパウロ)
21 11月21日 オーストラリア(メルボルン)※
22 12月5日 サウジアラビア(ジェッダ)※※
23 12月12日 アブダビ(ヤス島)

※世界モータースポーツ評議会(WMSC)の承認が必要
※※サーキットのホモロゲーションが必要