ホンダがカスタマイズカー特設サイトを1月15日に公開【東京オートサロン2021】

■「FIT e:HEV CROSSTAR カスタム」、N-VAN カスタム「3rd Place VAN」が登場

2021年の東京オートサロンはバーチャルでの開催になっています。ホンダは、東京オートサロン2021に合わせて「Honda カスタマイズカー特設サイト」を1月15日(金)より公開します。

「FIT e:HEV CROSSTAR カスタム」やN-VANをベースとしたN-VAN カスタム「3rd Place VAN」などのコンテンツが順次更新されます。

FIT e:HEV CROSSTAR カスタム
「バーチャルオートサロン」にも登場する「FIT e:HEV CROSSTAR カスタム」

これらのモデルは「バーチャルオートサロン2021」でもチェックできます。

「FIT e:HEV CROSSTAR カスタム」はハイブリッドのクロスターをベースに、SUVイメージをさらに強調させたコンセプトカー。流行のキャンプは、オシャレなギアが人気を集めていて、同コンセプトカーは、アーバンなアウトドアスタイルを表現したそうです。「CT125・ハンターカブ」とのコラボと併せてライフスタイルの広がりをよりイメージしてもらうのが狙い。

写真を見る限り、スタイリッシュなアウトドアテイストにあふれている印象で、市販化されれば、ヤリスクロスの対抗馬になりそう。

N-VANカスタム「3rd Place VAN」
バーチャルオートサロンにも登場するN-VANカスタム「3rd Place VAN」

N-VANカスタム「3rd Place VAN」も遊び心あふれるコンセプトモデルになっています。平日はカフェになり、休日は旅先での車中泊など、仕事と趣味をシームレスに繋げるトレーラー風カフェとして提案されています。広い車内と多彩なシートアレンジを誇るN-VANの美点が活かされています。

さらにホンダは、1月15日10:00に下記のWebサイトで四輪モータースポーツ参戦体制発表を実施する予定としています。同時に「バーチャルオートサロン2021」には、2020年のレースで活躍したモータースポーツ車両が公開される予定ですので、要チェック。

F1からは「Aston Martin Red Bull Racing RB16」「Scuderia AlphaTauri Honda AT01」が登場。インディカー・シリーズからは、佐藤琢磨選手の第104回INDY500優勝マシンの「Rahal Letterman Lanigan Racing IR-12」が、SUPER GTシリーズ GT500クラスからは、シリーズチャンピオンマシンの「TEAM KUNIMITSU RAYBRIG NSX-GT」が登場します。

(塚田勝弘)