モータースポーツでおなじみレッドブルが2月1日から価格改定。5品目を値下げ

 F1をはじめ世界中のモータースポーツ界でそのロゴを見ることができる、エナジードリンクのレッドブル。日本での販売を手がけるレッドブル・ジャパンは、「より多くの人へエナジーを」をテーマに、2021年2月1日(月)から5商品の希望小売価格を改定することになった。

 さまざまなスポーツにおいてアスリートの活躍を後押ししているレッドブルは、モータースポーツでもF1レッドブル・レーシング、スクーデリア・アルファタウリをはじめ、二輪、四輪問わずさまざまなチームやドライバーをサポートしている。日本でもTEAM MUGENや平川亮、さらに世界で戦う角田裕毅といったドライバー、中上貴晶、長島哲太、佐々木歩夢、鳥羽海渡といったライダーがレッドブルアスリートとして活躍する。

 すでに日本国内でもさまざまな場所で購入できることから、年代問わず愛飲されているレッドブル・エナジードリンク。もちろんモータースポーツの印象から手に取っている方も多いだろう。そんなレッドブルが、2月1日から「より多くの人へエナジーを」をテーマに価格改定を行うことになった。もともと190円という価格だったホワイトエディションの250mlはそのままだが、6種類のラインアップのうち、5種類で価格が下げられた。

 今回の価格改定にともない、「より多くの人へエナジーをさずけるため」にキャンペーンもスタートする。Twitterで「#大きくいこう」と「#レッドブル」のハッシュタグを付けて、今年の抱負や目標を投稿すると、『ビッグなレッドブルセット』が抽選で100名に当たる。詳細はホームページ(https://www.redbull.com/jp-ja/projects/repositioning/ookiku)まで。

 2021年もモータースポーツではレッドブルのロゴが“アツい”活躍をみせてくれそう。レッドブル・エナジードリンクを片手に声援を送ろう。2月1日からの価格は下記のとおりだ。

レッドブル商品新希望小売価格
商品名                     改訂前/改訂後(税別)
レッドブル・エナジードリンク 250ml       241円/190円
レッドブル・シュガーフリー 250ml        241円/190円
レッドブル・エナジードリンク 330ml       268円/235円
レッドブル・エナジードリンク 355ml       292円/245円
レッドブル・エナジードリンク 330mlアルミボトル 296円/245円
レッドブル・エナジードリンク ホワイトエディション 250ml 190円/190円 ※改定なし

※レッドブル・エナジードリンク 185mlとレッドブル・シュガーフリー 185mlは在庫限りにて終売

マックス・フェルスタッペン(レッドブル・ホンダ)
2020年F1第17戦アブダビGP マックス・フェルスタッペン(レッドブル・ホンダ)
2020年F1バーレーンGP ピエール・ガスリー(アルファタウリ・ホンダ)とアレクサンダー・アルボン(レッドブル・ホンダ)
2020年F1バーレーンGP ピエール・ガスリー(アルファタウリ・ホンダ)とアレクサンダー・アルボン(レッドブル・ホンダ)
角田裕毅(アルファタウリ・ホンダ)
2020年F1アブダビテスト 角田裕毅(アルファタウリ・ホンダ)
2020年MotoGP第15戦ポルトガルGP 中上貴晶(LCRホンダ・イデミツ)
2020年MotoGP第15戦ポルトガルGP 中上貴晶(LCRホンダ・イデミツ)
長島哲太(Red Bull KTM Ajo)
長島哲太(Red Bull KTM Ajo)
2020年スーパーGT第7戦もてぎ Red Bull MOTUL MUGEN NSX-GT(武藤英紀/笹原右京)
2020年スーパーGT第7戦もてぎ Red Bull MOTUL MUGEN NSX-GT(武藤英紀/笹原右京)
ナッサー・アル-アティヤ(トヨタ・ハイラックス)
ナッサー・アル-アティヤ(トヨタ・ハイラックス)
ステージ6でSS優勝を飾ったカルロス・サインツ(ジョン・クーパー・ワークス・バギー)
ステージ6でSS優勝を飾ったカルロス・サインツ(ジョン・クーパー・ワークス・バギー)