右と左どっち? ガソリンスタンドで慌てずに「給油口の位置」を瞬時に知る方法

■燃料計に付いているマークがポイント

最近のガソリンスタンドでは、セルフ式が一般的ですが、いざ給油機の隣にクルマを停めようとした時に「給油口は右と左のどっちだっけ?」と慌てた経験はありませんか?

ガソリンスタンドで慌てずに給油口の位置を瞬時に知る方法
今では一般的になったセルフ式ガソリンスタンド

普段乗っている自分の愛車であれば、あまりそんな事は起きないでしょう。ですが、たとえばレンタカーや知り合いのクルマを運転した際など、普段乗り慣れていないクルマに乗った場合には、給油口が左右どちらにあるのかすぐに判断できないときもあります。

そんな時に、すぐに給油口の位置が分かる方法をご紹介しましょう。

●給油口の位置はなぜ車種でバラバラ?

クルマの給油口は、車種によって車体のどちら側についているかは様々です。国産乗用車であれば、大抵は車体後方の右か左についていますが、どちらかに統一はされていません。また、ワンボックスや軽バンなどの商用車では、フロントドアのすぐ後ろ辺りに配置されているものもあります。

給油口の位置が決められていればセルフ式スタンドで給油する際に慌てることはないでしょうが、ではなぜバラバラなのでしょう。

ガソリンスタンドで慌てずに給油口の位置を瞬時に知る方法
普段乗り慣れていないクルマで給油する際は、給油口の位置が分からず焦ることも

道路運送車両の保安基準では「燃料タンクの注入口およびガス抜口は、排気管の開口方向になく、かつ排気管の開口部から300mm以上離れていること」という規定があります。

つまり、排気管=マフラー出口がある位置と反対側で、300mm以上離す必要があるのです。たとえば、マフラー出口が車体左側から出ていれば、給油口は車体の右側に配置するということですね。ガソリンは発火性が高い物質ですから、走行中に熱を持つマフラーの近くに給油口があると間違ってガソリンを拭きこぼした時に危険だということですね。

そしてクルマは、車種によって燃料タンク位置や排気管の取り回しなどは様々ですから、結果的に給油口の位置も右か左のいずれかになるようです。

●給油機マークを見れば一目瞭然

セルフ式ガソリンスタンドに入った時点で給油口の位置が分からない場合は、よくクルマから降りて確認する人も見かけます。また、給油機の橫にクルマを停める際、給油口がない側にしてしまったため、ホースが届かずに反対側に停め直すといったケースも見受けられます。

そんな面倒を避けて、瞬時に給油口の位置を見分ける方法は、メーター内にある燃料計についている給油機のマークを見ることです。

最近のクルマには、給油機の形をしたマークの右か左に矢印や三角形のアイコンが付いていますが、これは給油口が車体左右のどちらにあるかを示しているのです。たとえば三角形マークの場合、頂点が左(◀)なら給油口は左、頂点が右(▶)なら右にあります。

ガソリンスタンドで慌てずに給油口の位置を瞬時に知る方法
燃料計に付いているマークの方向が燃料口の位置だ

なお、給油口を開ける際は、室内のレバーを引いてリッド(給油口の蓋)を開けるタイプが一般的ですが、ほかにもキーロックと連動するタイプなどもあります。そういったタイプの場合は、ドアロックが解除されているときに給油口もロックが解除され、リッドを一度押すことで開くようになっています。

ガソリンスタンドで慌てずに給油口の位置を瞬時に知る方法
初めて乗るクルマの場合、燃料口の開き方や油種が分からないこともある

また、セルフ式ガソリンスタンドでは、油種の入れ間違いによるトラブルも多いようです。たとえば、軽自動車はガソリン車がほとんどですが、間違って軽油を入れてしまったりすると、クルマが故障する原因になります。

そう考えると、普段乗っていないクルマを運転する時は、事前に給油口の位置や開け方、指定された油種などをちゃんと確認しておく方がなにかとスムーズで、安全ということですね。

(文:平塚直樹 *写真は全てイメージです)