「ヒューズやボディコーティングもチューニングの一環!?」レース経験者の拘りが詰まった86&BRZチューンに迫る

「ヒューズやボディコーティングもチューニングの一環!?」レース経験者の拘りが詰まった86&BRZチューンに迫る

ヒューズ交換で86&BRZは覚醒する!?

実走テストの末に完成した車高調キットも発売!

今回紹介する86は、岐阜県岐阜市に店舗を構えるティーズスタイルのデモカー。代表の棚橋さんは、ヒザ擦り小僧を経て4輪に転向。アルテッツァレースをはじめとしたモータースポーツを熟知しており、スーパー耐久の参戦経験もある人物だ。

デモカーは、ブリッツのB06-380Rボルトオンターボキットを組み込んだ280ps仕様。エンジン本体には一切手を入れていないが、これはデモカーでの経験をユーザーカーにフィードバックしやすくするためだ。

 

車高調はオリジナルモデル(F8kg/mm R10kg/mm)を装着。「市販の車高調は硬めに味付けされているものが多くて。もっとしなやかに動く足が欲しかったんです」というのが開発の経緯。実走テストを繰り返しながらダンパーオイルやシム、スプリングなどの仕様を徹底的に煮詰め上げ、ようやく完成にこぎつけた逸品(予価26万円)だ。

フロントのアッパーマウントにはキャンバー調整機構が設けられ、マウントブッシュは前後とも街乗り時の快適性や異音を軽減するために強化ゴムを採用。減衰力は20段調整式となる。

お手軽チューニングとして注目したいのが、ティーズスタイルが別ブランドで展開する“マジカルヒューズ”。ノーマルと交換するだけで、アクセルレスポンスや低速トルクの改善、燃費などが向上するというアイテムだ。ヒューズ端子部の表面に特殊な加工を施すことで、電流のロスを抑制するのが効果を発揮する秘密。86&BRZ用は入門用のスタートキットと、全ヒューズを交換するフルキットを設定している。

さらに、レーシングドライバーの織戸学選手とコラボした専売モデルとなるブラックパッケージ(左)も用意。より電導性の高い素材をコーティングしているため、通常モデルよりも30%ほど性能が向上しているそうだ。価格はスターターキットが2万5500円、MT車用フルキットが8万2500円、AT車用フルキットが8万5500円となる。

また、SNSなどで話題を集めているマジカルヒューズのボディコーティング剤“マジカルヒューズコートR’”も絶賛販売中。特殊変性ガラス樹脂によって撥水効果や光沢効果を高めるだけでなく、静電気を除去して帯電を防止。空気抵抗を減らすことで、燃費の向上や風切り音の低減などの効果も発揮してくれる。レース業界でも愛用者の多いコーティング剤だ。価格は250mlが5800円、150mlが4200円。

「自分で試して納得したものしか製品化していません。そうしないと良いモノはできない。そこは拘りを持って開発しているので、どれも自信を持ってお勧めできる製品になっていますよ」と棚橋さん。現在開発中のニューパーツもあるそうなので、86&BRZオーナー諸氏はティーズスタイルの動向に注目だ。

●取材協力:ティーズスタイル 岐阜県岐阜市日野南9-2-21 TEL:058-248-5852