ホンダ、カスタマイズカー特設サイトを1月15日に公開。バーチャルオートサロンではレースカーも登場

 1月8日、ホンダは公式サイト内に『Hondaカスタマイズカー特設サイト』を開設し、1月15日より公開すると発表。フィットe:HEVクロスターやN-VANベースのカスタマイズカーのコンテンツを順次更新していくことを明らかにした。

 1月15日(金)9時に公開されるこの特設サイト(https://www.honda.co.jp/autosalon/)は、例年であれば千葉市の幕張メッセで開催される、東京オートサロンの会場で展示されるカスタマイズカーを紹介するもの。

 2021年の東京オートサロンは、新型コロナウイルス感染症の感染予防と拡大を防止する観点から実会場での開催が中止され、オンラインでの『バーチャルオートサロン2021』として実施されることがアナウンスされている。

N-VAN カスタム“3rd Place VAN”
N-VAN カスタム“3rd Place VAN”

 ホンダが新たなカスタマイズカーとして公開する2台の車両は、そのバーチャルオートサロン2021でも閲覧可能だ。後に詳細が明らかにされる1台、『フィットe:HEVクロスター カスタム』はSUVのイメージがさらに際立つ仕様となり、CT125・ハンターカブとのコラボレーションとあわせて、ライフスタイルの広がりを感じられるスタイルリングに仕上げられた。
 
 もう1台のカスタムカーである『N-VANカスタム“3rd Place VAN”』は、平日のカフェスタイルと休日の車中泊スタイルなど、仕事と趣味をシームレスにつなげるトレーラー風カフェとして提案するモデルとなっている。

 なお、バーチャルオートサロン2021(https://www.tokyoautosalon.jp/2021/)のホンダブースではモータースポーツ車両の公開も予定され、以下の車両たちが登場するという。

■モータースポーツ車両
・アストンマーティン・レッドブル・レーシングRB16(2020年F1出場モデル)
・スクーデリア・アルファタウリ・ホンダAT01(2020年F1出場モデル)
・レイホール・レターマン・ラニガン・レーシングIR-12(2020インディカー・シリーズ 佐藤琢磨インディ500優勝マシン)
・TEAM KUNIMITSU RAYBRIG NSX-GT(2020スーパーGT GT500クラスチャンピオンマシン)