モータースポーツを誰でも気軽に体感『ホンダ・スポーツ&エコ・プログラム』が2021年も開催

 モビリティランドおよびM-TECは1月8日、両社が共同で運営する参加型モータースポーツ『Honda Sports&Eco Program(ホンダ・スポーツ&エコ・プログラム)』の2021年開催概要とスケジュールを発表した。

 ホンダ・スポーツ&エコ・プログラムは、『ECOでスポーツする』『環境とスポーツドライビングの両立』をテーマに2012年からスタートした参加型モータースポーツだ。

 使用される車種は『ホンダ・フィットRS』のレース仕様車となっており、『操る・磨く・競う』というモータースポーツの楽しさを誰でも気軽に体感できるモーターレクリエーションプログラムになっている。

 このプログラムは初心者も歓迎となっており、運転免許証があれば誰でも参加ができるため、モータースポーツ未経験でも楽しめる内容が用意されている。

 講師を努めてくれるのは経験豊富なプロドライバーたち。そして本格レース仕様のフィットRSや、サーキット走行に欠かすことのできないヘルメットとレーシングスーツ、グローブなどの装備品も別料金ながらレンタルができるため、レースは好きだがサーキット走行をしたことのない方でも手ぶらでサーキット走行を楽しめる。

 そして、万が一車両やサーキット設備を壊してしまったり破損させてしまっても、修復料金として上限金額10万円が設定されているため、サーキット走行が初めての方でも安心してプログラムに参加できるはず。

 2021年のスケジュールとしては、2~5月は鈴鹿サーキット、6~11月はツインリンクもてぎを舞台に開催され、定員は各プログラムともに16名となっている。

 参加料金は『フィット・ベーシックスクール』の“Basic1”が5万2000円、“Basic2”が6万円、“Basic3”が8万2000円となり、より実践的な『フィット・アドバンススクール』が8万2000円(いずれも税別)となる。なお、ホンダカーズ店頭で参加申し込みを行うと割引料金が適用されるとのことだ。

 憧れの本格レース仕様車両でサーキット走行ができるホンダ・スポーツ&エコ・プログラム。参加申し込みは公式ウェブサイトおよび全国のホンダカーズで各プログラム開催日の2カ月前より受付を開始している。開催スケジュールや料金の詳細、各プログラムの内容や参加申し込みなどは公式ホームページ(https://www.honda-fit-se.jp/)をチェックしてほしい。

ホンダ・スポーツ&エコ・プログラムで使用されるホンダ・フィットRSのレース仕様車
ホンダ・スポーツ&エコ・プログラムで使用されるホンダ・フィットRSのレース仕様車