ニッチモデルの王様が公開準備完了! BMW 4シリーズ グランクーペが登場間近

■M440iは3.0リットル直列6気筒ガソリンターボエンジンを搭載し382hp発揮

BMWの4シリーズ派生モデル「4シリーズ グランクーペ」市販型の最新プロトタイプをカメラが捉えました。

BMW 4シリーズ グランクーペ_011
BMW 4シリーズ グランクーペ 開発車両

ドイツ・ミュンヘン市街地で捉えた2台の開発車両のうち、ナンバー「2662」は赤いブレーキキャリパーを装着、リアバンパーにはコンパクトな円形デュアルエキゾーストパイプを装備しているため、パワートレインに2.0リットル直列4気筒ガソリンターボエンジン搭載する「420i/430i」と思われ、高出力225hp・最大トルク400Nmを発揮すると予想されます。

BMW 4シリーズ グランクーペ_006
BMW 4シリーズ グランクーペ 開発車両

一方ナンバー「2540」のプロトタイプは、フロントフェンダー後部により大型の3分割エアベントやブルーブレーキキャリパーを装備、リアエンドにはスプリット・トランクリッドスポイラー、台形のデュアルエキゾーストパイプがインストールされており、高性能「M440i」プロトタイプと思われます。

こちらのパワートレインは、3.0リットル直列6気筒ガソリンターボエンジンを搭載、最高出力は382hp・最大トルク494Nmを発揮します。

どちらも電動モデル「i4」とプラットフォームを共有、ガソリン、ディーゼル、プラグインハイブリッド、フルエレクトリックに対応するよう設計されている「CLAR」アーキテクチャを採用し、同じ組み立てラインで製造されます。

BMW 4シリーズ グランクーペ_010
BMW 4シリーズ グランクーペ 開発車両

インテリアは、標準の8.8インチのインフォテイメントディスプレイを備えた「G22」クーペとコンバーチブルから引き継がれることが予想されています。またオプションにて、より大きな10.25インチユニットと12.3インチの「Live CockpitProfessional」デジタルゲージクラスタをセレクト可能です。

2020年内と予想されていた新型4シリーズグランクーペのデビューは、2021年初旬になりそうです。

(APOLLO)