人間国宝の技巧を融合した『BMW 7シリーズ・ピュア・メタル・エディション』登場

 BMWのフラッグシップサルーン、6代目『7シリーズ』に、日本の匠とドイツのクラフトマンシップが融合した国内限定2台のスペシャルモデル『BMW 7シリーズ ピュア・メタル・エディション』が登場。BMWオンライン・ストア(https://online-store.bmw.co.jp/)のみの取り扱いで、1月29日午前11時より発売が開始される。

 最新世代のデザインに先鞭をつけた大型キドニーグリルをアイコンに、威風堂々たる佇まいを持つ6代目『7シリーズ』だが、今回発表の限定車『BMW 7シリーズ ピュア・メタル・エディション』は、BMW 7シリーズの中でもよりラグジュアリーなBMW 750Li xDrive Excellenceをベースに仕立てられた。

 BMW Individual(BMWインディビジュアル)が誇る手作業による最高品質のピュア・メタル・シルバー塗装のボディカラーに、人間国宝である奥山峰石氏による高度な打込象嵌の技法により加飾を施した銀板トリムを組み合わせ、深い芸術性とラグジュアリー性を極めた限定車となっている。

 その外装色BMWインディビジュアル・ピュア・メタル・シルバー最大の特徴は、重厚なメタルの塊感と磨き込まれた表面の美しさ。これは塗料の粒子密度向上に加え、手の込んだ厚みのある塗装面と極めて高い平滑性と言う高度な技術により実現した。

 一方の内装は、最高品質であるメリノ・レザーのBMWインディビジュアル・フル・メリノ・レザー スモーク・ホワイト/ナイト・ブルーの採用に加え、人間国宝である奥山峰石氏が丹精を込めて手がけた鍛金・象嵌細工を施した銀板トリムが採用されている。

 その奥山峰石氏は、昭和12年(1937年)山形県新庄市に生まれ、高松宮記念賞や文化庁長官賞など国内伝統工芸展の最高賞を多数受賞し、高い評価を獲得。高度な鍛金技術と自然の情景をモチーフとした写生的な文様を切嵌象嵌や打込象嵌によって表現し、平成7年に重要無形文化財保持者(人間国宝)の認定を受けている。

重厚なメタルの塊感と、磨き込まれた表面の美しさを持つBMW Individualピュア・メタル・シルバーを採用
人間国宝である奥山峰石氏が丹精を込めて手がけた鍛金・象嵌細工を施した銀板トリムが採用された

■奥山氏の作品でも人気の高い、槌目打ちの純銀製カップ2個も特別に装備

 そんな氏が手掛けた銀板トリムには赤銅(金と銅の合金)による繊細な文様を切り抜き銀板に接合し、木槌や金槌で叩いてめり込ませて文様を仕上げるという非常に高度な打込象嵌の技法による文様が施されている。

 表面の処理後に赤胴部分が青みを帯びた艶やかな黒の文様として浮かび上がることで、洗練された日本画の世界観、日本人の美意識が表現された。

 トリムに描かれるモチーフとして、奥山氏は福島県にある三春滝桜の枝垂れ桜を選択。冷たいメタルの上にも春を待つ自然の息吹が感じられ、日本人の心の琴線に触れる印象的かつ芸術性の高い作品となっている。

 さらに奥山氏の作品でも人気の高い槌目打ちの純銀製カップの表面に桜の花の文様をあしらった専用カップ2個も特別に装備し、後席にエグゼクティブ・ラウンジ・シート、BMWインディビジュアル・クール・ボックスを標準装備としたことで、侘び寂びのある冬の桜の枝のトリム装飾と桜の花が咲く純銀製カップとのコントラストが、季節の移ろいを愛でる至高のラグジュアリー・ドライビング体験を演出する。

 前出のとおり、この『BMW 7シリーズ ピュア・メタル・エディション』はBMWオンライン・ストアのみの取り扱いで、限定2台ともに左ハンドル仕様に。価格は2650万円(税込)となっている。

高松宮記念賞や文化庁長官賞など国内伝統工芸展の最高賞を多数受賞する奥山峰石氏

奥山氏の作品でも人気の高い槌目打ちの純銀製カップの表面に桜の花の文様をあしらった専用カップ2個も特別に装備する

BMW カスタマー・インタラクション・センター:フリーダイヤル:0120-269-437
BMW ウェブサイト:http://www.bmw.co.jp

『BMW 7シリーズ ピュア・メタル・エディション』スペシャルwebサイト:https://www.bmw.co.jp/ja/newcar/2020/bmw-7-series-pure-metal-edition.html
BMWと日本の名匠プロジェクト:https://www.bmw.co.jp/ja/topics/brand-and-technology/bmw_brand/bmw-japanese-master-project.html