「ハイパワー化を目指すS660オーナーは必見」S07Aの耐久性を底上げする強化エンジンパーツが登場!

「ハイパワー化を目指すS660オーナーは必見」S07Aの耐久性を底上げする強化エンジンパーツが登場!

対応出力は驚異の200馬力!

ハイレスポンス&スムーズな回転フィールを目指す

精力的にS660チューニングを展開する名門“トップフューエル”が、200ps仕様を実現するためのエンジン強化パーツをリリースした。それが、腰下の強化には欠かせない鍛造ピストンと強化コンロッドのコンビネーションだ。それぞれを見ていこう。

オリジナルの強度コンロッド(38万円)は、強度だけでなく軽量化も徹底重視しているのが特徴。素材にはニッケルクロモリ鋼を使用し、総削り出しによるI断面形状を採用。さらに熱処理やWPC処理も施すことで、ノーマルの3倍以上に増大する燃焼圧力に対応できるよう強度を格段に高めているのだ。

コンロッド本体の強度を高めると同時に、コンロッドボルトも8mmにサイズアップ。クランクと確実に結合させるために細部の見直しを行うことも、高出力化に合わせたバージョンアップなのだ。

スモールエンドはフルフロー仕様でベリリウムブッシュも採用。DLCコーティングされたピストンピンと合わせることで、ピストンの微細な振れにもスムーズに対応してくれる。

鍛造ピストンも、形状を最適化しながら強度をアップ。WPC加工によって表面強度も高めつつ、ピストンピンにはDLCコーティングが施される。これはピストンとコンロッドの接続部を滑らかに動かすための工夫だ。

なお、ピストンキットはノーマルヘッドに対応するスタンダード仕様(12万円)と、専用加工が施されたヘッドに対応するハイチューン仕様(15万円)の2タイプをラインナップしている。

ピストン形状の最適化のみならず、ピストンリングもハイパワー化に合わせた専用品を投入。ノーマルの低張力タイプとは異なり、高張力タイプとすることで燃焼ガスの吹き抜けによるパワーロスをシャットアウトする。

これらの腰下パーツを活かすためには燃焼室形状の最適化も必須。トップフューエルでは、ハイブースト&ハイパワー対応の加工を施したシリンダーヘッド(13万2000円)も用意している。もちろん、これらのパーツを使ったコンプリートエンジン製作も受け付けている。

「納得できるパーツが市販で見つからず、オリジナルで高出力対応の製品を作りました。130psオーバーを目指す場合は、後悔しないためにも本当に良いパーツを吟味してください」とはトップフューエル森本さん。S660のスポーツ性能を高めたいと考えているオーナー諸氏は必見だ。

●取材協力:トップフューエル 三重県松阪市中道町500-1 TEL:0598-56-5880