【2021年国内ストーブリーグ/トヨタ編】山下健太がGT500レギュラーに復帰で国内に専念か

 12月25日(金)に発売されたauto sport No.1544では2021年シーズンの国内ストーブリーグ情報をまとめている。ここでは各メーカーごとにその情報をチェックしていこう。2020年のタイトルを取り逃がしたトヨタ陣営は雪辱を果たす強力な布陣を敷いてくるはずだ。

※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※

 2020年開幕戦では上位5台をGRスープラ勢が占めるなど、順風満帆と思えたトヨタ陣営だが、最後の逆転負けもあり後味の悪いシーズンとなってしまった。

 また、タイトル争いの重要な局面で、ニック・キャシディが戦列を去るなどどこかちぐはぐで、“らしくない”戦いぶりとなった印象は否めない。そうした屈辱を晴らすためにも2021年に向けたトヨタ陣営は必勝体制を敷いてくると考えられる。

2021年もWEC/ル・マン24時間を戦うものと見られていたが、世界的な状況を鑑みて国内に専念する可能性が濃厚か
2021年もWEC/ル・マン24時間を戦うものと見られていたが、世界的な状況を鑑みて国内に専念する可能性が濃厚か

 そのためにもキャシディが抜けた穴をどう埋めるかが最大の焦点となるが、そこは2020年の第7戦もてぎと第8戦富士で代役を務め、見事に大役を果たした山下健太が最有力候補と見ていいだろう。

 2020年の山下はWEC/ル・マン24時間に出場するためGT500のレギュラー参戦を見送ってきた。山下は当初、2021年もハイクラス・レーシングからWEC/ル・マン24時間を戦うものと見られていたが、先日、同チームは山下に代わってヤン・マグヌッセンの起用を発表した。

 ル・マンで世界に証明した山下の実力をもってすれば、他チームのシートを獲得しての参戦も充分に可能なはず。しかし、新型コロナウイルス感染拡大による先行き不透明な状況を踏まえれば、海外への挑戦は見送られると考えたほうが自然だ。外野から客観的に見る限り、2021年の山下は国内での活動に専念すると考えたほうが納得はできる。

2台体制で2020年を戦ったZENT GR Supra GR SupraとWAKO’S 4CR GR Supraだが、2021年はWAKO’S 4CR GR Supraが独立する可能性が高い

 ほかにトヨタ陣営内で気になるポイントと言えば、ルーキーレーシングの存在だ。チームルマンが2019年いっぱいでGT500の活動を休止したことを受けて、2020年はセルモが実質的な2台体制を敷いて対応してきた。

 しかし、それが暫定的な措置だったことを踏まえれば、2021年はいよいよ独立したチームとして活動する可能性が高い。2020年と同様に不動のエース大嶋和也、阿部和也エンジニアとともに2021年を戦うのは、成長著しい坪井翔か、はたまた2019年にチャンピオンを獲得した実績から山下が抜擢される可能性も考えられ、そのドライバーラインアップが注目される。

 また、前述の坪井、宮田莉朋というトヨタ生え抜きのドライバーに加えて、2020年第2戦富士でヘイキ・コバライネンの代役を務めた阪口晴南の存在も気がかりだ。

 2018年いっぱいでホンダの育成プログラムをはずれ、2019年からはトヨタ系チームで走ることの多かった晴南は、ぶっつけ本番の予選でQ2を託され、見事に3番手タイムを記録した。そうしたインパクトに加えて、何より晴南はまだ21歳という若さ。将来に向けた可能性を秘めていることからGT500に抜擢される可能性は高い。

 これだけの布陣を敷きながら、さらに松下獲得に向けて動いているあたりに2021年に向けたトヨタ陣営の意気込みが感じられる。