アジアン・ル・マン:ケッセルが2台のフェラーリを投入。1台はCARGUY RACINGカラーに

 1月6日、アジアン・ル・マン・シリーズ(AsLMS)は2月4〜6日、18〜20日にアブダビのヤス・マリーナで開催される2021年シリーズのエントリーリストについて、GTクラスに2台が追加され、合計で38台で争われると発表した。スイスの名門ケッセル・レーシングが2台のフェラーリを投入し、1台は日本のCARGUY RACINGのカラーリングとなるという。

 各クラスのチャンピオンがル・マン24時間のエントリー枠を獲得できることから、例年であればアジアはもちろん、ヨーロッパからも多数のエントリーを集めるなど、近年人気が高いアジアン・ル・マン・シリーズ。2021年に向けては、新型コロナウイルス感染拡大の影響によりアジア内の移動が制限されることから、2021年2月に間に1週間を挟んだ2週末を使い、ヤス・マリーナで全4戦を集中的に開催するカレンダーに改められていた。

 すでに12月17日には最初のエントリーリストが発表されており、LMP2が7台、LMP3が10台、GT3カーで争われるGTクラスは19台という多くのエントリーを集めていたが、さらにGTクラスにはケッセルの2台が参戦することになり、21台となった。

 今回新たにエントリーしたケッセルは、ヨーロッパをはじめ世界中のル・マン規定、GT3規定のレースで戦う強豪のひとつだが、2台のうちの1台は日本のCARGUY RACINGのカラーリングとなるという。

 2018-2019年のアジアン・ル・マンのGTクラス王者であるCARGUYは、2019年のル・マン24時間に挑戦。2020年に二度目の参戦を行った後、2021年に日本人ドライバー/メカニックでのWEC参戦を目指していたが、12月23日に新型コロナウイルスの影響でWEC参戦を断念すると発表していた。

 しかし、チーム代表にしてドライバーの木村武史は、ひとりのドライバーとしてル・マン挑戦は「諦めることはできません!」として、2021年のル・マン24時間参戦枠を確保するべく、海外チームとのコラボレーションによるアジアン・ル・マン挑戦を明言していた。今回のケッセルとのコラボレーションは、その実現なのは間違いないだろう。

 これで日本からは、すでに参戦を表明しているD’station RacingとともにCARGUY RACINGが挑戦することになった。21台のGTクラスは超激戦区だが、活躍を期待したいところだ。