プジョー 208が「フランスで2020年一番売れたクルマ」に! 止まらぬ新型の快進撃

プジョー 208が「フランスで2020年一番売れたクルマ」に! 止まらぬ新型の快進撃

Peugeot 208

プジョー 208

落ち込む乗用車市場で見せた底力

プジョー 208が快進撃を続けている。各国のカー・オブ・ザ・イヤーやレッドドットデザイン・アワードといった数々の受賞に加え、「2020年にフランス国内でもっとも売れたクルマ」の称号も獲得した。

2020年全体で見ると、フランス国内の乗用車販売は25.5%減少したが、プジョーは新型208の後押しもあり18.3%のマーケットシェアを獲得。前年同期比で1.2%の増加となった。

新型プジョー208のサイドビュー

3気筒エンジンとEVの二本立て

新型208とe-208は、2019年にワールドプレミアされた。グループPSAのB/Cセグメント向け新プラットフォームCMP(Common Modular Platform)をベースに、先代のPF1プラットフォーム比で30kgの軽量化を実現。フラットなフロアパン構造などにより空力性能を改善、振動レベルも低減している。EVという選択肢が増えたのも、マルチエネルギーに対応したCMPプラットフォームの恩恵だ。

日本で買える内燃機関モデルは1.2リッター“ピュアテック”直列3気筒ガソリンターボを搭載。滑らかで透明感のあるフィーリングに定評があるユニットで、最高出力100ps/5500rpm、最大トルク205Nm/1750rpmを発生する。トランスミッションには、抜群の相性で知られるEAT8(8速AT)を組み合わせている。

新型プジョー208のコクピット

走って良し、見て良し、買って良し

EVのe-208には136ps/260Nmを発生する電気モーターを採用。50kWhリチウムイオンバッテリーを前席座面下、センターコンソール、後席座面下に配置して重量配分を最適化した。最大航続距離はWLTPモード換算で約340kmを実現している。

新型プジョーe-208の充電中イメージ

日本国内での販売は2020年7月2日よりスタートしており、208が239万9000円から、e-208が389万9000円からという戦略的なプライスタグで展開。

しなやかな乗り心地と上質なハンドリング、フレンチハッチらしい独創的なスタイル、そしてプジョーに期待するアフォーダブルな価格帯の揃い踏みが高く評価され、売上は好調そのもの。2020年日本カー・オブ・ザ・イヤーの「インポート・カー・オブ・ザ・イヤー」も獲得している。