フォードが新型コロナに打ち勝つためのキャンペーンを始動。ピーター・バーグ監督の特別ムービーも公開中 【動画】

フォードが新型コロナに打ち勝つためのキャンペーンを始動。ピーター・バーグ監督の特別ムービーも公開中 【動画】

マスクの寄付数は1億枚に

フォードは新型コロナウイルスと闘うキャンペーン、「#FinishStrong」を2021年1月1日からスタートした。ワクチンが広く行き渡る未来に向けて、様々な支援や活動を積極的に行っていく。

フォードは2020年4月よりPPE(個人用保護具)やマスクの生産・配布を行ってきた。2021年半ばまでに合計1億枚のマスクを寄付する計画だ。米ワシントン大学医学部の保健指標評価研究所(IHME)は、マスク着用などの対策を実施すれば、2021年3月までにアメリカで5万人以上の命が救われるという声明を出している。

フォードが展開する「#FinishStrong」キャンペーン動画イメージ

ピーター・バーグが特別短篇を制作

フォードは「#FinishStrong」の30秒コマーシャルも制作。映画『パトリオット デイ』や『ローン サバイバー』で知られるピーター・バーグが監督し、ドラマ『ブレイキング バッド』の主演で知られるブライアン・クランストンがナレーションを担当した。最前線で闘う医療関係者や社会生活を支えるエッセンシャルワーカーにスポットをあてたショートムービーは公式YouTubeで視聴することができる。

ピーター・バーグは次のように説明する。

「COVID19のパンデミック(感染症や伝染病が世界的に大流行する状態)は、1年前には想像すらしていなかった様々な障壁を我々に与えました。人々は疲れ、打ちのめされ、いまにもガードを降ろしてしまいそうになります。しかし我々は一人一人が闘い続けなければならないのです。2021年を迎えたいま、充分なワクチンが行き渡るその日まで、私たちはアメリカの人々がひとつになれるよう支援をしていきたいと考えています。最後まで確かな足取りで。私たちならきっとそれができるはずです」

フォードが展開する「#FinishStrong」キャンペーン動画イメージ

全米各地にマスクや保護具を供給

フォードは全米自動車労働組合と協力し、これまでに数千万のPPEをはじめ、2000万のフェイスシールド、5万の人口呼吸器、140万のガウンを生産。さらに3Mと共同開発した電動ファン付き呼吸用保護具も3万2000以上手掛けてきた。

全米に展開する販売店ネットワークも活用し、非営利団体や学校、自治体など充分な支援の行き渡らない地域に向けたマスクの寄付も続けている。