F1プレシーズンテストの会場がバーレーンに変更か。開幕延期に備え調整が進行

 2021年F1開幕戦オーストラリアGPが延期される場合、プレシーズンテストの会場がスペイン・バルセロナからバーレーンに移され、日程も変更になる見通しだ。

 オーストラリアでは入国の際の新型コロナウイルス感染拡大防止策が厳格であり、2週間の自己隔離が必要になる。そのため、現状では3月21日にグランプリを開催するのは困難であり、オーストラリアGPは延期となる可能性が高いと考えられている。その場合は第2戦として3月26日から28日にカレンダーに組み込まれているバーレーンGPで、シーズンが開幕することになりそうだ。

 さらに、プレシーズンテストの会場と日程も、当初の予定から変更になるものとみられている。2021年プレシーズンテストは、一時バーレーンでの開催も検討されたが、その後、3月2日から4日にスペイン・バルセロナのカタロニアサーキットで実施する予定となっていた。しかしバーレーンで開幕することになった場合、ロジスティクスの問題から、バーレーン・インターナショナル・サーキットで3日間のテストを行うことでチームは合意したといわれている。

2020年第1回F1プレシーズンテスト1日目:シャルル・ルクレール(フェラーリ)
2020年第1回F1プレシーズンテスト1日目:シャルル・ルクレール(フェラーリ)

 テストのために持ち込んだ機材等をバーレーンGPまでそこにとどめることで、ロジスティクス費用を抑えることができる。

 さらに、テスト日程も延期されることになりそうだが、正確なスケジュールはまだ確定していない。F1競技規則では、プレシーズンテストは2月1日から選手権最初のイベントの10日前までに行うことが定められているため、遅くとも3月16日にはテストが終了する必要がある。