WEC:グリッケンハウスが開幕戦を欠場する決定。SCG 007のデビュー戦は5月のスパに

 WEC世界耐久選手権の2021年シーズンから始まる、LMHル・マン・ハイパーカーカテゴリーに新規参戦を予定しているスクーデリア・キャメロン・グリッケンハウス(SCG)は、3月の開幕戦セブリングに出場せず、代わりに5月初旬にスパ・フランコルシャンで開催されるWEC第2戦で、開発中のル・マン・ハイパーカー『SCG 007』をデビューさせることを目指している。

 アメリカのスポーツカーメーカー、SCGの創業者であるジェームズ・グリッケンハウスによれば、ヨーストやザウバーとも提携するチームはホモロゲーションと、5月のスパ6時間レースで2台のクルマをエントリーさせる準備を万全にすることに注力しているという。

 グリッケンハウスは、マシンのホモロゲーションに必要な時間を掛けることと、新型コロナウイルスのパンデミックがどのように進展し、WECのセブリング1000マイル開催に影響を与えるか否かの不確実性と相まって、開幕戦への出場を見送るというチームの決断に影響を与えたと説明した。

 3月19日に予定されているWEC“シーズン9”の開幕戦には、LMHクラスのライバルであるTOYOTA GAZOO Racingと、オレカ製LMP1マシンで参戦するアルピーヌが出場を予定している。同ラウンドは2021年シーズンに限ってル・マン・ハイパーカーと、旧規定であるLMP1カーの両者に開放されているWECの新しい最高峰クラスの最初のレースだ。

「セブリングを欠場する理由のひとつは、WECがイベントを中止すると考えていることだが、これはあくまでも私個人の意見であり、実際に何が起こるかは分からない」とグリッケンハウスは述べた。

「しかし、第二に、レースをするためにはホモロゲーションを取得しなければならない。ホモロゲーションを行うには、マシンをロックしてザウバーの風洞に入れ、クルマがレギュレーションに適合していることを確認する必要がある」

「それを行う前に可能な限りのテストをして、マシンを正確に我々が望むレベルまで持っていくことが私たちの利益につながるんだ」

「私たちがセブリングにコミットするためには、基本的に今から6週間後にクルマをファクトリーから出荷することになるだろう。私はそれが実現するとは思えない」

「ACOフランス西部自動車クラブ(ル・マン24時間レースの主催者)は私たちがセブリングに行かないことを知っている。そして、彼らはこの決定に満足している。なぜなら、彼らは我々に良いクルマを持っていて欲しいと思っているからだ」

■「WECとACOは私たちが競争力を持つことを望んでいるはず。トヨタもそうだと思う」

 SCGとそのエンジニアリングパートナーであるポディウム・アドバンスド・テクノロジーズは現在、最初のSCG 007を製作中で、まもなくロールアウトされホモロゲーションプロセスが実行される見込みだ。

 最初のトラックロールアウトは今月中旬以降に行われる予定であり、1月5日とされていた予定からわずかに遅れが生じている。SCGはまた、3月中旬にドライバーのチームを発表する前に、LMHタイヤサプライヤーのミシュランと30時間の耐久走行を含む広範なテストを実施することを目指している。

「我々はいま、最初のシャシーを組み立てているところだ」と語ったグリッケンハウス。

「今週にはふたつめのモノコックが到着するはずなので、2台目の組み立てを開始する」

「クルマのロールアウトは1月。2月には多くのテストと、ドライバーのテストを行う予定だ。それを経てマシンと(6~7名の)ドライバーをロックし、それからホモロゲーションを取得するつもりだ」

 グリッケンハウスは、タイヤシミュレーションデータの分析に基づき、SCGのノンハイブリッドカーが全輪駆動のハイブリッド車を用いるトヨタと競争できるようになるという楽観的な見方を示した。

「ハイブリッドカーが持つ利点は、全輪駆動であるためタイヤの劣化が少ないことだ」と彼は説明する。

「私たちは、ACOとWECが我々に対して非常に公平に対応してくれると考えている。彼らは私たちが競争力を持つことを本当に望んでいると思うし、トヨタもそうだと思う」

「私たちは両者ともシミュレーションを行った。正直なところ、彼らは非常に正直なシミュレーションを行ったと思う。もちろん我々もそうだ」。

「タイヤのレベルはWECとACOの双方が望んでいる場所にある。ミシュランは時間が経つにつれてそれを改善していくため、ル・マンではおそらく4スティントを保たせることができるだろう」

「しかし、それは我々全員にとって、とくに最初の2、3戦では試練の場になるだろう」