メルセデス・ベンツ GLCが初のモデルチェンジ。第2世代プロトタイプをキャッチ!

■車内には巨大タブレット。初の3列7人乗りも

メルセデス・ベンツは、現在主力セダン「Cクラス」次期型を開発していますが、そのSUV版となる「GLC」も第2世代へバトンタッチされます。

メルセデス・ベンツ GLC_005
メルセデス・ベンツ GLC 次期型プロトタイプ

初代GLCは、CクラスのSUVともいえる「GLK」後継モデルとして2015年に発売、2019年のフェイスリフトを経て、GLCとして初のフルモデルチェンジとなります。

厳冬のフィンランドで捉えた最新プロトタイプは開発初期とみられ、カモフラージュも厳重です。

次期型では、新型Cクラスが採用している「MRA」プラットフォームのアップデート版を採用、ホイールベースが延長されるとともに、初の3列7人乗りが設定される可能性が高いです。

プロトタイプからわかることは、ドアハンドルがかなり低い位置に配置され、サイドミラーがピラーからドア側へ移動される点です。また、水平なボンネットや低いルーフラインヘッドライトも確認できます。ヘッドライトやテールライトはプレースホルダー(ダミー)のため、デザインは不明ですが、大刷新されることは間違いありません。

メルセデス・ベンツ GLC_008
メルセデス・ベンツ GLC 次期型プロトタイプ

GLCの2020年モデルでは、最新のパノラマインフォテイメントやデジタルインストルメントクラスタスクリーンを装備することはありませんでしたが、次期型では、Cクラス次期型同様に巨大タブレットをセンターコンソールの低い位置に配置するはずです。

パワートレインの詳細は不明ですが、2.0リットル直列4気筒+マイルドハイブリッドのほか、プラグインハイブリッド、そしてフルEVモデルの設定など電動化が加速しそうです。

GLC 次期型のワールドプレミアは早くとも2021年終盤、あるいは2022年の初頭が有力です。

(APOLLO)