ルノーF1に表彰台をもたらしたリカルドを同郷ウエーバーが称賛「マクラーレンの向上にも貢献するはず」

 2020年のダニエル・リカルドは素晴らしいパフォーマンスを発揮したと、同じオーストラリア出身の元F1ドライバー、マーク・ウエーバーは称賛した。リカルドはルノーで表彰台に2度上がり、ドライバーズ選手権で5位を獲得した。

「2020年の彼の走りは素晴らしかったと思う」とウエーバーはリカルドについて語った。
「個人的に今まで以上にダニエルと過ごす時間が多い一年だった。彼がこのシーズンをどれほど楽しんでいるのかが分かった。とてもいいことだ」

「それはプレッシャーが減ったからではない。チームに評価されていると彼自身が実感していたからなのだ。来シーズン、マクラーレンでもそういう実感を持つことができるはずだ。レッドブルにいたころとは違う感覚だろう」

「ルノーでやると明言していたことを実行してみせた。彼はそういう人間だ」

「彼は周囲に影響を及ぼすことができる。エンストン(ルノー)を盛り上げ、その結果、チームはいい仕事をした。彼は効果的にチームを導き、ミスをほとんどしなかった。マクラーレンでも同じことをするだろう」

「ダニエルの評価が今も非常に高いことは明らかだ。F1にとってプラスになる存在なのだ。彼にはもっと上位で活躍してもらう必要がある」

「表彰台に上がるべきドライバーだと思う。成功を収め、F1が本質的にどうあるべきかを示すような存在なのだ。今後を見守るとしよう」

2020年F1第13戦エミリア・ロマーニャGP ダニエル・リカルド(ルノー)