アルファタウリF1、ニューマシンにレッドブル2020年型リヤエンドを使用しない方針

 アルファタウリF1チームは、2021年型マシンにおいて、2020年型レッドブルのリヤエンドにアップグレードはせず、リソースをフロントエンドに使用して改善を図る方針であると、テクニカルディレクターのジョディ・エギントンが明かした。

 コストを抑えるため、2021年F1規則ではマシンの開発範囲をトークン制度によって制限する。しかしチームが独自に製造することを義務付けられていない“ノンリステッドパーツ”については例外が認められており、2020年に1年落ちのノンリステッドパーツを使用していたチームは、2021年にトークンを使用することなく2020年型にアップグレードできる。これが可能とされるのは、姉妹チームであるレッドブルと提携しているアルファタウリと、メルセデスと契約を結んでいるレーシングポイントだ。

 しかしアルファタウリは、この規則を利用してリヤエンドの変更は行う予定はないという。2020年型アルファタウリAT01のリヤエンドを引き続き使用し、限られたリソースをフロントエンドの向上に当てるという決断を下したのだ。

「(2020年の)リヤエンドを引き続き使うつもりだ」とエギントンは『The Race』に対して語った。

「この件については時間をかけてじっくり検討した。もちろん、菓子屋に行って好きなものを選べる(ように開発ができる)なら理想的だ。だが、我々が開発したいエリアは、マシンのフロントエンドだ」

「(大幅な規則変更下での)2022年型マシンに力を入れる必要があるので、リソースと予算を賢く使わなければならない。2020年型マシンの基本パッケージに不満はない。従って、開発したいエリアを絞ってそこに集中する」

2020年F1アブダビ若手ドライバーテスト 角田裕毅(アルファタウリ・ホンダ)
2020年F1アブダビ若手ドライバーテスト 角田裕毅(アルファタウリ・ホンダ)

 リヤエンドに関してレッドブルの2020年型ノンリステッドパーツを使用すること自体にはトークンは必要とされないが、そのアップグレードに伴い変更しなければならない箇所が出てくる。

「トークンを使わずに変更できるパーツもあれば、トークンが必要なパーツもある」とエギントン。

「十分注意を払い、リソースをどこに使うかを決めた。新しいリヤエンドのパッケージングに多くの努力を注ぐこともできるが、そのリソースをフロントエンドに使って何かをすることもできる」

「大規模なアップグレードをすることが必ずしも正しいとは限らない。自分たちのマシンに関する方針とは一致しないものもある」

「パフォーマンス改善のためにターゲットとしてきたエリアは変わらない。我々には大きな弱点はない。ただ、すべてのエリアにおいて基準を引き上げる必要がある」

「我々はチームとして前進を遂げた。さらに次のステップを踏まなければならない」

 アルファタウリ・ホンダは2020年、イタリアGPでピエール・ガスリーにより優勝を獲得、しばしば速さを見せたものの、コンストラクターズ選手権では7位にとどまった。