「86&BRZストリートチューンの最適解」イージードライブが可能な過給機+AT仕様が熱い!

「86&BRZストリートチューンの最適解」イージードライブが可能な過給機+AT仕様が熱い!

86/BRZチューニングの最重要ポイントは油温管理

300馬力をオートマで使い切れ!

サーキットチューンにかけては無類の強さを誇る広島県の“ブラストエンジニアリング”。そんな同ショップが、ストリートからサーキットまでマルチに楽しめる仕様を狙って製作したのが、ここで紹介するオートマ&スーパーチャージャー仕様の86だ。

エクステリアは、モデリスタのエアロをベースにレボリューション製フロントスポイラーやサード製GTウイング等を組み合わせたミックス仕様。サーキットまで自走で行って、トラブルなく帰宅できるオートマ快速スペックがコンセプトのため、保安基準適合の範囲内で仕上げられている。

ノーマルのパワーでは少し物足りないということで、HKSのGT2スーパーチャージャーシステムをドッキング。ボルトオン状態では240〜250psの設定だが、フラッシュエディターで現車合わせすることでハイブーストの300psを発揮させている。

スーパーチャージャー化に合わせて排気系もリメイク。焼け色が美しいフルチタンマフラーは、ブラストエンジニアリングが拘り抜いたワンオフによる逸品。同社では、走行ステージやチューニングに合わせたワンオフマフラー製作もお手のものだ。

また、FA20エンジンはNAでも油温が上がりやすいということで、HKS製オイルクーラーやサード製ATFクーラーを追加。とくにオートマ車の場合はATFの油温が厳しいため、トラブル予防の意味も込めて耐熱性の高いモティーズのATFオイルを使っている。

足回りはハイスピードコースでも安心してアクセルを踏んでいけるようにしっかりと煮詰められている。サスペンションは、ブラストエンジニアリングオリジナルのダンパーキット。減衰力20段調整式で、バネレートは前後12km/mm、ヘルパースプリング付きとなる。走行ステージやタイヤに合わせてバネレートや減衰力の変更が可能で、購入後の仕様変更やオーバーホールにも対応。

ブレーキは前後ともAPレーシングのブレーキキャリパーキットに変更。ローター径はフロント355mm&リヤ330mmで、ハードなサーキット走行でも決して破綻しない強烈なストッピングパワーを手にしている。

ホイールは、シャープな15本フィンが特徴的なエンケイRS05RR。サイズは前後とも18✕9.5Jプラス44で、組み合わせるタイヤはアドバンA050の265/35R18。スーパーチャージャーで向上したパワーを確実に路面に伝える。

8インチナビ付きで通勤も快適なインテリア。助手席前にはデフィの追加メーター(水温、油温、ブースト圧)が並ぶ。また、メインメーター部にタブレットを取り付けているところもポイント。デフィの追加メーターからブルートゥースを介して車両情報をデジタル表示させているのだ。

このチューンドを試乗(鈴鹿ツインサーキット)したターザン山田は「コースインした瞬間にパワースライドするくらい力があって、“手強いな”というのが第一印象。ただ、パワーがあるからこそアクセルコントロールで姿勢を変えたり、曲げていくというFRの醍醐味が楽しめるんだよね。全体的にバランスが良いから、タイムを詰めていきたくなるね」と絶賛。

まさに、ブラストエンジニアリングが実力派たる所以を強く感じさせてくれる快速チューンドだ。

●取材協力:ブラストエンジニアリング 広島県福山市神辺町川南808-1 TEL:084-960-5441