BMWモータースポーツ、2021年シーズンに向けてシムレースへの関与をさらに拡大

BMWモータースポーツ、2021年シーズンに向けてシムレースへの関与をさらに拡大

4つのトップ・シムレーシングと新たに契約

BMWモータースポーツは、2021年シーズンに向けてシムレース(レースゲーム)活動への関与をさらに拡大する。

今回、BMWモータースポーツは、4つのトップシムレースチームとの新たなパートナーシップを締結。2021年シーズン、チームレッドライン(Team Redline)、ウィリアムズ Eスポーツ(Williams Esports)、G2 Eスポーツ(G2 Esports)、BS+コンペティション(BS+COMPETITION)は、BMW製バーチャルマシンを使用。BMWモータースポーツを代表して、様々なプラットフォームで開催されるシムレーシング・イベントに参加することになる。

若いシムレーサーを育成すべく、新たに「BMWモータースポーツ・シム・アカデミー(BMW Motorsport SIM Academy)」を立ち上げる計画も明らかにされた。さらに2021年シーズンからは開幕戦となるオーストリア・ラウンドを皮切りに、「BMW シム・ワールドツアー」も計画されている。

このBMW シム・ワールドツアーは、移動式BMWレーシング・シミュレーターで各国のショールームを巡る試み。新型コロナウイルスの流行収束次第となっているが、2021年4月からパイロット版としてオーストリアでスタート。オーストリア各地を巡る合計40日間のイベントが計画されている。

2021年シーズン、シム・レースへの関与を大幅に拡大するBMW

実際のモータースポーツと同等のプライオリティ

多くの人気シム・レーシング・プラットフォームにおいて、さらに多くのBMW製バーチャル・レーシングカーが投入されるだけでなく、BMWモータースポーツのノウハウを採り入れた革新的なシムレーシング・ハードウェアの開発も継続される。

BMWモータースポーツとしては、シムレースを実際のレースと同等のパートナーとして取り込み、2020年に世界的に盛り上がったバーチャルモータースポーツのムーブメントを継続させることを目標に掲げている。

BMWモータースポーツのシムレーシング担当トップのルドルフ・ディートリッヒは、シムレーシングにおけるBMWのコミットメント拡大について以下のように説明する。

「この数ヵ月、私たちはシムレースにおいて、信じられないほどの盛り上がりを経験してきました。2020年、BMWモータースポーツはシムレースに関して多くのことを学びましたが、2021年もこの経験をベースに様々な施策を実践していきたいと思っています」

「BMW シムカップは、依然としてプログラムにおいて重要な役割を果たすことになります。そしてハードウェアに関しても、技術革新に焦点をあてつつ開発をさらに進めていく予定です。世界トップに立つ4つのシムレーシングチームとの協力関係、そして新たなアカデミーの創設により、シムレースのムーブメントをさらに盛り上げていけたらと考えています」

2021年シーズン、シム・レースへの関与を大幅に拡大するBMW

アセット・コルサ・コンペティツィオーネでタイムトライアルを開催

2020年シーズンに大成功を収めたシムレース・プラットフォームにおける「BMWシム・カップ」は、2021年シーズンもその規模を拡大する。「iRacing」で展開されているBMW M8 GTEにおけるBMWシム・カップに加えて、BMW M4 GT3も投入。このM4 GT3は実車と同時進行で、iRacingが開発を進めている。

「rFactor 2」内で開催されている「BMW シム M2 CS レーシングカップ」も継続。ニュルブルクリンク・ノルトシュライフェだけでなく、GTプロ・シリーズがサポートする世界中のサーキットを使用できるようになる。

プログラムに新たに加わるのが「アセット・コルサ・コンペティツィオーネ(Assetto Corsa Competizione)」で行われる「BMW シム・タイムアタック」だ。こちらではBMW M4 GT4を使用し、毎月タイムトライアルイベントが開催される予定だ。

2021年シーズン、シム・レースへの関与を大幅に拡大するBMW

若いシム・レーサーに向けたアカデミーを新設

今回発表された「BMWモータースポーツ・シム・アカデミー」という独自の若手育成部門を創設することで、BMWはシムレースの分野において“ホーム”を持つことになる。

このアカデミーでは野心的で経験の浅いシムレーサーに、BMWモータースポーツによる幅広いトレーニングの機会と、モータースポーツに関する幅広い専門知識を活用する機会が与えられる。上記のBMWモータースポーツのパートナーチームに所属するプロフェッショナルシム・レーサーから、実戦に即したコーチングが行われるという。

また、レース中の集中力を高めるために、実際のレースにおいてBMWのワークスドライバーが定期的に参加してきたメンタルトレーニングも計画。このトレーニングセッションは、オンラインでストリーミング配信される。現在、アカデミーの設立に向けた準備が進められており、プログラムの詳細は2021年初頭にも発表される予定だ。