フェラーリV8オープンモデル、進化の軌跡。488スパイダーと458スパイダーを雨の箱根で検証【Playback GENROQ 2019】

フェラーリV8オープンモデル、進化の軌跡。488スパイダーと458スパイダーを雨の箱根で検証【Playback GENROQ 2019】

Ferrari 488 Spider × 458 Spider

フェラーリ 488スパイダー × 458スパイダー

 

 

その価値は永遠に廃れない

いつの時代も高い人気を誇るフェラーリV8ミッドシップだが、今もっとも注目されているのは458シリーズと488シリーズだ。2009年に登場した458と2015年に登場した488は、まさに現代フェラーリの10年間を象徴する存在だと言える。強烈な個性を放つこの2台を、改めて検証してみよう。

フェラーリ 488スパイダーと458スパイダーのフロントスタイル

「フェラーリが王者であるのは常に我々の予想を超えていくからだ」

フェラーリがスーパーカーブランドの王者として君臨し続ける理由は、カスタマーやメディアの予想や期待を常に“超えていく”からだと思う。もちろん、予想通りがあっていい(たとえばスパイダーが後から必ず出る、とか)。けれども期待を裏切らない=予想通りの展開、ばかりではスーパーカーブランドは成り立たない。本号でもすでに詳しく語られてきた通り、F8トリブートは誰も予想しなかった“同一プラットフォーム三世代活用”を敢行し、あまつさえその硬軟両方のパフォーマンスで、大方の想像をはるかに超えてみせた。

では、自他ともに認めた高いポテンシャルのプラットフォームを先に使った458シリーズと488シリーズを、F8実体験後の今、改めて乗ってみればどう感じるのだろうか。

マラネッロから帰国後に早速、2台の“旧型”スパイダーに改めて試乗することとなった。

フェラーリ 488スパイダーの走行シーン

「488スパイダーを通じ、主力モデルの進化の軌跡を辿る」

マラネッロの開発陣に敬意を表する意味でも、ここは直近の488スパイダーから試した方がいいだろう。もちろん、488GTB&スパイダーとF8トリブートとの間には、重要な488ピスタ&同アペルタというモデルが存在するわけだけれど、ひとまずそれらを高性能なセットアッパーモデルであったと脇において、主力モデルとしての進化の軌跡を辿ってみるとしようじゃないか。

ちなみに、いずれも走行距離1000km超のユーズドカーで、正規代理店の所有する個体であった。

F8やピスタの720psを経験しているからといって、670psの488スパイダーを遅いと感じる余裕など微塵もなかった。それもそのはず、最大トルク値はほとんど変わらない(760Nm→770Nm)。

フェラーリ 488スパイダーのエンジン

「エンジンレスポンスの鋭さと対応するトルクの素早いピックアップに感動する」

相変わらず天晴な加速フィールである。アクセルペダルを踏み込めば、すぐさま分厚いトルクの波に下半身からかっ攫われそうな気分に。ウェット路面ではスリリングでさえある。右足を軽く上下してみれば、エンジンレスポンスの鋭さと対応するトルクの素早いピックアップに感動する。どの回転域から踏み増しても変わらず、途方もないと思えるほどの力強さが沸き出した。いつでも想像を超えた力を出し入れできるという点で、右足のウラが大いに喜ぶ類の加速だ。

踏み込んだ最初からガツーンと盛り上がってしまう、という点で、最高回転域の最後において歓喜のフィナーレを迎えるというドラマチックな展開の大排気量自然吸気エンジンには及ばない。

けれども、常に最大の力を右足の力加減ひとつで思いのままに操れるとドライバーに感じさせることもまた、アクセルペダルの虜にさせる十分な性能であると言える。NAとスーパーチャージド、両方の魅力を最高レベルで融合するということが、マラネッロ製ターボエンジンの狙いであったことを改めて実感する。

フェラーリ 488スパイダーのインテリア

「制御の行き届いたハンドリングという、跳ね馬最新のキャラクターを経験できる」

さらに488スパイダーには、制御の行き届いたハンドリングを楽しむという、言ってみれば跳ね馬最新のキャラクターを経験できる魅力があった。二駆のリヤミッドシップカーにありがちな、ただニンブルさを強調するようなハンドリング性能では最早ない。ナチュラルでありつつもしっかりとしたフロントアクスルの手応えと、強大なトルクが掛かっているにも関わらず精密な制御で“スリル”はあっても“怖さ”はないリヤアクスルとが相まって、高出力を誇るリヤミッド・スーパーカーの走りを劇的に変えたと言っても過言ではない。

最後に、野太く、そして回転を高めるにつれ精緻なメカニカルノイズを混じらせたF154のエンジンサウンドについても改めて報告しておこう。確かに大排気量自然吸気とはまるで違う音色を奏でている。けれども、これはこれでスポーツカーらしい音には違いないし、4000rpmからの圧力を伴った劇的な旋律は確かにフェラーリらしい音だと思えた。ド派手で甲高い音に辟易するカスタマーも多くなったと聞く。デザインと同様、そのあたりは好みの問題で、どちらも魅力的だと思う。

フェラーリ 458スパイダーの走行シーン

「どんな速度域でも、胸の空くクルージングを許してくれる458スパイダー」

シャレたライトブルーの458スパイダーに乗り換えた。インテリアにはお決まりのカーボンファイバートリムが見当たらず、代わりになんとウッドトリムが設えてある。テーラーメイド=スペシャルオーダーだ。

路面はウェットのまま。ターボカーほど神経質にならなくてもいいが、代わりにフロントの自由度が大きい。それゆえ、こちらもゆっくりスロットルを開けて、慎重に走り出す。

F136を積んだ458スパイダーは、過給器のない、つまりは自然吸気エンジンらしく、“思った通り”の力を右アシ裏に感じさせつつ、ごく自然な加速をみせた。エンジンレスポンスこそ俊敏だけれども、そこからの出力キャラクターが均質で、右アシの動きひとつで何とでもコントロールできそうな気分になる。妙に急かされることもなく、ほどよい力をなだらかに継続させられる。どんな速度域でも、胸の空くクルージングを許してくれるというわけだ。

フェラーリ 458スパイダーのエンジン

「回転が極みを迎える最後の瞬間こそ、最もシアワセを感じる時間だろう」

とはいえ、そこで我慢できるのも、ごくわずかな時間でしかなかった。じりじりと回転を上げていけばいくほどに、力という結果よりも、力を出す過程のほうにドライバーは惹かれ始めるからだ。精緻なメカニズムが連動して動くさまが自然と脳裏に浮かびだし、そこから生まれる音や振動が乗り手の心を揺さぶり始める。

そうなると、もうタマラナイ。雨が降り始めたが、もっと上へ、もっと上へという気持ちが、冷静さを越えていく。クルマの姿勢が整っていることを願って、ペダルを踏む右アシに力が自然とこもっていく。

回転が極みを迎える最後の瞬間こそ、自然吸気エンジンのスーパーカーを駆っていて最もシアワセを感じる時間だろう。エンジンそのものが感極まって全てを放出しきったかのようなサウンドとフィールを乗り手の背後から浴びせてくる。スパイダーのように、ルーフを開けたり、リヤウインドウを下げたりできるミッドシップカーであれば、尚のこと、それは至福の瞬間というべきものだ。

フェラーリ 458スパイダーのインテリア

「ドライバーの背骨から腰にかけたあたりに力の波を送り込み、ぞくぞくさせる」

もちろん、そこに至るプロセスで発揮されるパワーは十二分というべきもので、ターボカーの力強さを味わったあとでも遅いと感じるレベルではなかった。ドライバーの背骨から腰にかけたあたりに力の波を送り込み、中からぞくぞくと感じさせるあたり、独特の官能フィールがある。

自然吸気エンジンの面白みは、もちろん、その高回転域にあるわけだけれども、そこに至るプロセスをドライバー自身がコントロールし、右アシの強弱に応じて楽しめる点にもある。思い切り踏み込んでみたり、じわじわと開いてみたりと、その方法次第で、メカニカルなノイズやサウンドの感じ方を変えることができる。何通りもの楽しみ方ができるというわけだ。

だから、雨が激しくなってきたのに、もう一度だけ、と右アシに力を込める、なんてことを何度も繰り返してしまった。もちろん、試せば試すほどに速度域は自然と上がっていく。もうこれ以上乗っていると不測の事態を招きかねない、という自制の心が働くまで、随分と時間がかかってしまう、というあたりもまた、458スパイダーの魅力だろう。

フェラーリ 488スパイダーと458スパイダーの走行シーン

「458と488に乗り、改めてプラットフォームの底力を感じた」

458と488。改めてこの旧二世代を試乗し、F8トリブートで更なる進化を遂げたプラットフォームの底力に感心するほかなかった。クラシカルなNAエンジンの魅力を余すところなく提供した一方で、途方もないトルクを制御しながら極めてモダンなドライブフィールをも経験させてくれた。

間違いのない事実がひとつだけある。もし今、V8フェラーリを手に入れたいと貴方が思ったとき、458にするか、488を選ぶか。とても悩ましい選択になるということだ。

できることであれば両方ともガレージに並べてしまいたい。そう思わせてしまうほど、異なる魅力を兼ね備えている。似て非なる二台とは、正に、458と488のことを言う。

REPORT/西川 淳(Jun NISHIKAWA)
PHOTO/平野 陽(Akio HIRANO)

【SPECIFICATIONS】

フェラーリ 488スパイダー

ボディサイズ:全長4568 全幅1952 全高1211mm
ホイールベース:2650mm
乾燥重量:1420kg
エンジンタイプ:V型8気筒DOHCツインターボ
総排気量:3902cc
最高出力:492kW(670ps)/8000rpm
最大トルク:760Nm(77.5kgm)/6750rpm
トランスミッション:7速DCT
駆動方式:RWD
サスペンション:前後ダブルウイッシュボーン
ブレーキ:前後ベンチレーテッドディスク(カーボンセラミック)
タイヤ&ホイール:前245/35ZR20 後305/30ZR20
最高速度:325km/h
0-100km/h加速:3.0秒

フェラーリ 458スパイダー

ボディサイズ:全長4527 全幅1937 全高1211mm
ホイールベース:2650mm
乾燥重量:1430kg
エンジンタイプ:V型8気筒DOHC
総排気量:4497cc
最高出力:419kW(570ps)/9000rpm
最大トルク:540Nm(55kgm)/6000rpm
トランスミッション:7速DCT
駆動方式:RWD
サスペンション:前後ダブルウイッシュボーン
ブレーキ:前後ベンチレーテッドディスク(カーボンセラミック)
タイヤ&ホイール:前235/35ZR20 後295/35ZR20
最高速度:320km/h
0-100km/h加速:3.4秒

※GENROQ 2019年 12月号の記事を再構成。記事内容及びデータはすべて発行当時のものです。