【ノートがフルモデルチェンジ】日産の売れっ子コンパクトの顔付きがかなり未来的

日産の新しいロゴを装着した日本第一号車
新世代NISSANデザインを全身で主張する

NISSAN/NOTE e-POWER
日産/ノート イーパワー 型式:E13

新型 新車 日産 ノート Eパワー 紹介

日産が世界に誇るコンパクトハッチバック「ノート」がフルモデルチェンジ。2005年に登場した初代E11型以来、先進技術を搭載して人気を得ていたコンパクトカーで、2代目のE12型ではエンジンで発電した電力をバッテリーに蓄え、その電力でモーターを駆動する『e-POWER』を採用。

その効果もあって、日産ではサニー以来の30年ぶりとなる月間国内販売台数第1位を獲得している。

そんなノートの3代目はE13型。最大のトピックが、ラインアップする全グレードで『e-POWER』を搭載することだろう。第二世代へと進化した『e-POWER』で、より楽しく、より扱いやすく、より快適なドライブを体験できる。

SPORT/ECO/NORMALの3つのドライブモードを設定し、SPORTではより力強い加速を体感でき、SPORTとECOの両モードにはクリープを設定し、駐車場などでの速度調整をしやすくしている。

気になるエンジン音も、ロードノイズが気になる荒れた路面走行中に、エンジンを始動し発電、ロードノイズの中にエンジン音を隠すことで、エンジンの存在を感じさせない高い静粛性を誇っている。

先代より全長55㎜短縮されたボディに、アリアにも通じる新世代ニッサンデザインを投影。新しい日産のブランドロゴをグリルに配した日本国内第一号という重責に負けないだけのポテンシャルを持ったスタイルだ。

標準装着はハロゲンヘッドライトだが、オプションで4連LEDプロジェクターが選べ、より先進性を味わえる。インテリアではメーターとナビが一体化したかのような造形で視線移動を減らし、一新された電子制御シフトは前後のみの動きで操作できる。

現状では3グレード、2WDのみの展開だが、今後4WD、オーテックバージョンの登場もアナウンスされている。


「【ノートがフルモデルチェンジ】日産の売れっ子コンパクトの顔付きがかなり未来的」の1枚めの画像新世代NISSANを象徴する新しいブランドロゴを要する日本第一号車となる新型ノート。先進性をアピールする4連LEDプロジェクターは全車にオプション設定。第2世代e-POWER搭載で、力強く滑らかな走りを体感できる。

【SPECIFICATION】
グレード名 X
全長×全幅×全高(㎜) 4045×1695×1520
室内長×室内幅×室内高(㎜) 2030×1445×1240
WLTCモード燃費消費量(㎞/L) 28.4
エンジン排気量・種類 1198cc・DOHC直列3気筒+フロントモーター
最高出力[kW(㎰)/rpm] 60(82)/6000
最大トルク[Nm(㎏ f・m)/rpm] 103(10.5)/4800
フロントモーター EM47 交流同期電動機
最高出力[kW(㎰)/rpm] 85(116)/2900-10341
最大トルク[Nm(kgf・m)/rpm] 280(28.6)/0-2900
乗車定員(名) 5
タイヤサイズ185/60R16
価格(税込) 218万6800円
※全グレードでの価格(税込)は202万9500円(S/2WD)〜218万6800円(X/2WD)

[スタイルワゴン・ドレスアップナビ]