後席とラゲッジスペースが広くなった新型デリカD:2が登場【新車】

■パワートレーンは、低燃費が魅力のマイルドハイブリッドのみ

三菱自動車は、スズキ(ソリオ)からOEM供給受けている新型デリカD:2を2020年12月24日に発売しました。

今回のフルモデルチェンジでは、全長を80mm延長することで後席足元を拡張し、ラゲッジスペースを拡大するなど、居住性、積載性が高められています。それでいながら最小回転半径は先代と同じ4.8mで、コンパクトモデルに求められる取り回しの良さは維持されています。

三菱デリカD:2
新型デリカD:2のエクステリア

搭載されるパワートレーンは、1.2Lの直列4気筒エンジンのマイルドハイブリッドのみで、ソリオに設定されている1.2L NAは用意されていません。燃費とタウンユースでの走りのよさが光るマイルドハイブリッドシステムの搭載により、乗り心地や静粛性の向上も果たすなど、先代よりも快適になった走行性能も魅力です。

三菱デリカD:2
新型にスイッチした三菱デリカD:2のリヤビュー

ほかにも先進安全装備の「三菱e-Assist」の機能強化もトピックス。「アダプティブクルーズコントロール(全車速追従機能付)」により、設定された車間距離を保ちながら加速、減速、さらに停止まで自動追従します。標識認識機能やヘッドアップディスプレイの採用、SRSカーテンエアバッグの全車標準装備などが盛り込まれています。

機能装備では、メモリーナビゲーションが用意され、地図や映像を高精細に再現する大画面9インチHDディスプレイが搭載されています。

高視野角のディスプレイにより、前席どちらからでも見やすく、操作しやすいのが特徴(HYBRID MZ 全方位カメラ付ナビパッケージ、CUSTOM HYBRID MV 全方位カメラ付ナビパッケージに標準装備)。ほかにも、パワースライドドア予約ロック機能により、パワースライドドアが閉まるのを待たずに車両から離れることができます。

三菱デリカD:2
後席は左右別々にスライドが可能で、広い荷室も自慢

快適装備では、スリムサーキュレーターが用意されています。こちらは、エアコン使用中に前席と後席の温度差を解消するため、前席上部に設置された薄型のサーキュレーターで、前席の空気を後席へと送り込み室内の温度を均一化(HYBRID MXは除く)。

用意されるボディカラーは、デリカD:2に新色の「メロウディープレッドパール」をはじめ、モノトーンの全6色。デリカD:2カスタムには、モノトーンに新色の「グリッターバイオレットパール(有料色2万6400円)」を設定。2トーンに「フレイムオレンジパールメタリック/ブラック2トーンルーフ(有料色4万9500円)」「メロウディープレッドパール/ブラック2トーンルーフ(有料色4万9500円)」が設定され、モノトーン4色と2トーン3色の全7色となっています。

デリカD:2の価格帯は、188万3200円~239万9100円です。

(塚田 勝弘)