世界に2台、豊田章男社長も愛用の『トヨタ・センチュリーGRMN』を京商がモデル化

 京商は12月25日、世界に2台しか存在しない“VIP×スポーツ”のプレステージセダン、センチュリーGRMNをモデル化した『1/43スケール ダイキャストモデル トヨタ・センチュリーGRMN』を同日より発売すると発表した。

 本格R/C(ラジオコントロール)モデルやミニカーなど、ホビー製品の製造・販売を行う京商。レーシングカーや市販ロードカーなどさまざまなモデルカーを世に送り出してきた同ブランドが、一般販売されず地球上に2台しか存在しない、あのセンチュリーGRMNを43分の1スケールで忠実に再現した。

京商1/43スケール ダイキャストモデル『トヨタ・センチュリーGRMN』
京商1/43スケール ダイキャストモデル『トヨタ・センチュリーGRMN』

 トヨタのスポーツブランドであるGR。GRMNは“クルマの味づくり”を続けるGAZOO Racingが、その活動のなかで生み出す最上級仕様のコンプリートブランドだ。
 
 日本を代表するVIPカーであるセンチュリーのGRMNも、他のGRMNモデルと同様に、走りを極める専用チューニングや専用パーツが奢られたカスタマイズ仕様となっている。その希少さも合わさり“究極のVIPカー”との呼び声も高いモデルだ。

 今回、京商はそんな『センチュリーGRMN』の魅力を1/43スケール・ダイキャストモデルに凝縮。専用エアロパ―ツの再現はもちろん、フロントのハニカムグリルの作り込みや、BBS製19インチアルミホイールの造形、カーボン製リアスポイラーの質感などにもこだわり、クルマがまとう雰囲気を含めて忠実に再現しているという。

 ボディカラーは実車と同じブラックとホワイトの2色展開。価格は各6800円(税別)だ。なお、実物のセンチュリーGRMNは、黒が東京本社、白は豊田本社で役員車として使用されている。

全体の造形だけでなくエンドのエッジ部分まで美しく表現されるスポイラー類
全体の造形だけでなくエンドのエッジ部分まで美しく表現されるスポイラー類
専用エアロパーツの再現はもちろん、 フロントのハニカムグリルも細部まで作り込まれている。
専用エアロパーツの再現はもちろん、 フロントのハニカムグリルも細部まで作り込まれている。
京商1/43スケール ダイキャストモデル『トヨタ・センチュリーGRMN』
京商1/43スケール ダイキャストモデル『トヨタ・センチュリーGRMN』
京商1/43スケール ダイキャストモデル『トヨタ・センチュリーGRMN』
京商1/43スケール ダイキャストモデル『トヨタ・センチュリーGRMN』

■商品概要

商品名:1/43スケール ダイキャストモデル トヨタ・センチュリーGRMN
発売日:2020年12月25日
メーカー希望小売価格:各6800円+税
発売:全国のミニカー販売店 またはインターネット販売
素材:ダイキャストモデル
ギミック:開閉機構なし
カラー:ブラック、ホワイト
WEBページ:
 ブラック https://dc.kyosho.com/ja/ks03694gbk.html
 ホワイト https://dc.kyosho.com/ja/ks03694gw.html