サー・フランク・ウイリアムズが退院。家族がファンのサポートに感謝

 今月、病院に入院したウイリアムズF1チーム創設者フランク・ウイリアムズがクリスマスを前に退院したと、チームが発表した。

 12月15日、ウイリアムズが入院したこと、安定した状態であることが公表された。詳しい病名などは明かされていない。しかし24日、チームは、ウイリアムズが快方に向かい、自宅に戻ったとの声明を発表した。

「サー・フランクが退院して自宅に戻り、回復に向かっているといううれしいニュースをお知らせします」とウイリアムズ・レーシングはコメントしている。

「ウイリアムズ家は、この困難な時期にサポートしてくださった皆様に感謝しています。『皆様、よいクリスマスと新年をお迎えください』とのことです」