アウディ、次世代型ブランドストアの第1弾を期間限定で東京・青山に2021年1月オープン

 アウディジャパンは12月24日、アウディの次世代型ブランドストア第1弾となる『Audi House of Progress Tokyo(アウディ・ハウス・オブ・プログレス東京)』を、2021年1月14日より期間限定で東京・青山にオープンすると発表した。

 アウディ・ハウス・オブ・プログレス東京は、ドイツが誇る自動車メーカーであるアウディによって全世界に展開されるブランドストア『House of Progress(ハウス・オブ・プログレス)』の第1弾店舗となる。

 このハウス・オブ・プログレスは、アウディの持つ洗練されたデザイン性やプレミアムな品質、イノベーティブなテクノロジーといった要素を感じることができるブランドストアだ。

 そんな次世代型ブランドストアの第1弾が東京・青山に、2021年1月14日から5月末までの期間限定でオープンすることとなった。

 多くのセレクトショップなどが並ぶ青山に位置するハウス・オブ・プログレス東京では、アウディのブランドと車両をまったく新しい方法で体験することができ、アウディならではの先進的な価値観を、最新のデジタルエクスペリエンスを通じて楽しむことが可能だという。

 そのほかにも、このストアではアウディブランドの未来を示唆するコンセプトカーなどの展示も予定されており、電気自動車“e-tron”やスポーツモデル“RS”などの最新モデルの試乗も行うことができる。

 様々なコラボレーションイベントも予定されているアウディ・ハウス・オブ・プログレス東京の展示車両や各フロアの詳細は、オープン前日となる2021年1月13日に発表されるとのことだ。ブランドストアについてはアウディジャパンの公式ホームページ(https://www.audi.jp/progress/audi-brand-store/)まで。

ブランドストア内の車両展示イメージ
ブランドストア内の車両展示イメージ