レッドブルF1代表、新コンビの関係に懸念なし「ペレスはフェルスタッペンの才能を理解している」

 レッドブル・レーシングのチーム代表クリスチャン・ホーナーは、2021年に加入するセルジオ・ペレスはマックス・フェルスタッペンと激しく戦うことになるかもしれないが、ふたりの間に問題は発生しないと確信している。

 2021年にチャンピオンであるメルセデスに挑む体制を整えるべく、レッドブルはアレクサンダー・アルボンをリザーブドライバーに降格し、フェルスタッペンのチームメイトにベテラン、ペレスを抜擢した。

 ペレスは2020年F1ドライバーズランキングでフェルスタッペンに次ぐ4位を獲得、実力を高く評価されているドライバーだ。レッドブル首脳は、タイトルを本格的に目指すには、ドライバーふたりが常に上位を走り、大量にポイントを稼ぐ必要があると、ペレス起用の理由を説明している。

セルジオ・ペレス(レーシングポイント)
セルジオ・ペレス(レーシングポイント)

 ふたりが上位で争うようになれば、ドライバー同士の関係に問題が生じる可能性もある。しかしホーナーは、ペレスはフェルスタッペンがどれだけ強力かを理解しており、現実的に考えているはずだと主張した。

「どちらも極めて現実的に物事を考えている。彼(ペレス)はマックスの才能を理解しているはずだ」とホーナー。

「彼はいまやベテランドライバーだ。多くの経験を積んできた。自分がどれほどの相手に立ち向かうのか、つまりマックスの才能について理解している。マックスはこの数年、とてつもない能力を発揮してきた」

「従って、彼(ペレス)のなかに、このチャレンジを過小評価する気持ちはひとかけらもないだろう。ただし、自分の力を証明するチャンスを得たことを喜んでいるのは間違いない」

「我々としては、ふたりのドライバーが僅差の戦いをすることを望んでいる。しかもトップでだ。だが、我々の目標はもちろん、ふたりのドライバーを戦わせることではなく、メルセデスとのギャップを縮めることである」

「セルジオはニコ・ヒュルケンベルグと何シーズンか同じチームに所属していたが、ふたりの間に問題が起きたという記憶はない」

2020年F1イタリアGP マックス・フェルスタッペン(レッドブル・ホンダ)とセルジオ・ペレス(レーシングポイント)のバトル
2020年F1イタリアGP マックス・フェルスタッペン(レッドブル・ホンダ)とセルジオ・ペレス(レーシングポイント)のバトル