ツボを押さえてワイルドチェンジ! エルフォード、CH-R、はじめの一歩|ELFORD|アップスタイルカスタムガイド

控えめワイルド

エルフォードが提案するオフ系パーツ群

ELFORD

顔面に陣取るスチール製パイプや、ステンレス製のスキッドプレートのコンビ。
天井にはルーフキャリアをオン。

肝心要の足はオリジナルのちょい上げコイルで30mmアップと、最小限のパーツでもしっかりオフスタイルを気取れることを証明したエルフォード。
オフの定番であるフェンダーは、片側10mmワイドと控えめに。

BFグッドリッチのブロックタイヤと、四駆ユーザーからの支持が根強いオリジナルホイールによるインチダウンも、それ風スタイルを高める見過ごせないポイントだ。

デモカーはランプステーに市販のLED バーを載せるなど、光モノにもこだわりを発揮。

本来純正バンパーには付かない同社のLEDデイライトパネルを、ワンオフ装着し、雰囲気をグッと高めている。

オーソドックスなエアロキットではなく、ランプステーなどでオフ感を演出。
純正車高のままでも似合いそうなスタイリングだ。

デモカーは約30~40mmのちょいアゲフォルムでセッティング。
ゴツ系ホイール&タイヤとの相性も抜群。チラリと見える赤いスプリングがさりげなくオシャレ。
オフ系の雰囲気をさらにアップするのに効果的なのがルーフラック。
エルフォードのルーフラックをINNOのベースキャリアを使って取り付けている。
フロントバンパー開口部前にセットするプロテクターランプステー。
エルフォードロゴが切り抜かれたスキッドプレートも付属。
加工無しのボルトオン装着が可能だ。
オフ系ホイールの定番「ブラッドストック」の16インチにグッドリッチのKO2で迫力ある足元に。
純正形状タイプのオバフェンもさり気なくアピール。

赤いカラーも目立つちょいアゲスプリング

エルフォードのリフトアップスプリングは純正ダンパー対応で、ちょいアゲルックを実現する。
オンロードはもちろん悪路での走行性能にも配慮。

問:メイワ  048-966-3551 https://www.elford.co.jp

アップスタイルカスタムガイド (2020/11/18)より

[スタイルワゴン・ドレスアップナビ]

  • 【特別賞・ブランド賞発表!】スタイルワゴン創刊300号記念 SNS愛車投稿キャンペーン

    スタイルワゴン創刊300号記念愛車投稿キャンペーンへのたくさんのご参加、ほんとうにありがとうございました。特別賞・ブランド賞受賞者が決定いたしました!