東京オートサロン2021、開催中止を決定。バーチャル環境でのみ実施

東京オートサロン2021、開催中止を決定。バーチャル環境でのみ実施

カスタムカーの祭典、正式に開催中止を決定

2021年1月15日(木)から1月17(日)にかけて開催を予定していた「東京オートサロン2021」が、来場者及び出展者、関係者の安全を最優先に考慮した結果、正式に中止することを決定した。

新型コロナウイルス感染が拡大している状況を受け、日本医師会など医療関係9団体が「通常の医療を提供できない恐れがあると警告する『医療緊急事態宣言』を発出する」事態となり、東京オートサロン事務局によると「国民全体にさらなる感染防止対策の徹底が求められている状況を主催者として重く受け止め、熟慮と議論を重ね、今回は開催をしないことが最善であると判断いたしました」とリリースを発表した。

これを受け、既に発売中の入場チケットの払い戻しは公式サイトの「チケット」ページで案内していく。また、無料でオンラインを通じ楽しめる「バーチャルオートサロン」は予定通り2021年1月15日(金)の9時にオープンする。バーチャルオートサロンへの参加は、公式サイトの専用リンクからアクセス可能だ。