「東京オートサロン2021の中止が決定」39年目で初の事態、雨さんとスモーキー永田は何を思う!?

「東京オートサロン2021の中止が決定」39年目で初の事態、雨さんとスモーキー永田は何を思う!?

東京オートサロンもコロナには勝てなかった・・・

RE雨宮、トップシークレットに話を聞いた

新型コロナウイルス感染拡大により、年明け恒例のチューニングカーの祭典『東京オートサロン2021』(1月15日~17日/千葉・幕張メッセ国際展示場)の開催中止が23日、決定した。

この情報は瞬く間に業界内へ広がり、東京オートサロン皆勤賞のRE雨宮・雨さんは「本当に残念。コロナだから仕方ないけど、第一回目から出展しているだけに悔しい気持ちが強いよ。業界にとってもマイナスだよね。でも、オートサロン用に作ったクルマはどこかでお披露目しようと思う! 2021年も頑張っていくよ!」と複雑な胸中を語ってくれた。

日本が世界に誇る最高速ジャンキーのトップシークレット・スモーキー永田は「ニューマシンを準備していたから残念です。でも、主催側はギリギリまで開催しようと頑張ってくれたと思うから、何とも言えないよ。2021年は良い年になることを祈るしかないね」と肩を落とす。

1983年の東京エキサイティングカーショーに端を発する東京オートサロン。38年に渡る長い歴史の中で、開催を断念したのは今回が初。医療緊急事態宣言が発令され、コロナ禍の収束が見えない中では苦渋の選択をせざるを得なかったわけだ。しかし、バーチャルオートサロンは予定通り開催されることになっているため、そちらの動向には注目していきたい。