国内最大級の自動車イベント「東京オートサロン2021」が開催中止を発表

 2020年1月の開催では3日間で33万6060人の来場者数を記録している国内最大級の自動車カスタムカーイベント「東京オートサロン」(会場:幕張メッセ)が2021年1月の開催を中止することを発表した。

 12月23日東京オートサロン事務局は『「東京オートサロン2021」開催中止のお知らせ』と題したリリースを発表。1月15日から17日までの3日間、幕張メッセで開催予定だった第38回東京オートサロンを中止することを明らかにした。

 開催中止の理由は新型コロナの感染拡大の影響だ。「感染拡大のスピードが日を追うごとに増す中、21 日には日本医師会など医療関係9団体が『通常の医療を提供できない恐れがあると警告する【医療緊急事態宣言】』を発出するなど、国民全体にさらなる感染防止対策の徹底が求められている状況を主催者として重く受け止め、熟慮と議論を重ね、今回は開催をしないことが最善であると判断いたしました。」と事務局は開催中止の理由を述べる。

 開催1カ月を切っての中止とあって、「東京オートサロン2021 を楽しみにお待ちいただいていた皆さまには大変申し訳なく、心よりお詫び申し上げます。」と事務局。12月中旬頃には、新型コロナの影響で参加予定だった自動車メーカーが参加を見送っているとの報道も見られ、その影響も大きかったと考えられる。

 東京オートサロンは近年ではカスタムカーだけでなく国内外の自動車メーカーがスポーツタイプ、アウトドアなどの趣味に合わせた特別仕様車の発表、そして貴重なレーシングカーの展示やモータースポーツの体制発表会など、年始の恒例イベントとして自動車ファンに定着していただけに、残念な発表となってしまった。

 すでにチケットを購入された方には公式サイトにて払戻しの手続き案内が掲載される予定とのこと。また、今回予定されていた「バーチャルオートサロン」は1月15日から予定どおり開催されることになる。

 2021年の東京オートサロンは残念な形になってしまったが、2022年に復活した東京オートサロンではまた、自動車の魅力を再び体感できることを願いたい。

ホンダブースに飾られたMotoGPマシンとF1マシン
東京オートサロン2020 ホンダブースに飾られたMotoGPマシンとF1マシン

トヨタ・ヤリスWRCでのデモ走行に豊田章男社長がサプライズ登場。勝田貴元と共にデモランを披露
トヨタ・ヤリスWRCでのデモ走行に豊田章男社長が東京オートサロン2020にサプライズ登場。勝田貴元と共にデモランを披露
【東京オートサロン2020】コンパニオンコレクション
【東京オートサロン2020】コンパニオンコレクション