スーパーフォーミュラ:JRP、2021年開催スケジュール一部変更を発表

 12月23日、全日本スーパーフォーミュラ選手権を運営する日本レースプロモーション(JRP)は2021年の開催カレンダーについて、第6戦と第7戦のスケジュールを変更し、JAF日本自動車連盟に申請を行ったと発表した。

 全7戦で開催されているスーパーフォーミュラは、2020年は新型コロナウイルス感染拡大の影響もあり、2020年後半に全7戦を開催するカレンダーが組まれ、タイトなスケジュールながら12月20日に開催された第7戦富士で無事に日程を完了していた。

 2021年は4月の富士を皮切りに全7戦のスケジュールが組まれていたが、JRPは12月23日、第6戦岡山国際サーキットと第7戦鈴鹿サーキットの日程を変更すると発表した。新たなカレンダーは下記のとおりだ。

2021年 全日本スーパーフォーミュラ選手権 開催スケジュール

(JAF申請中)

Round Date Circuit
1 4月3〜4日 富士スピードウェイ
2 4月24〜25日 鈴鹿サーキット
3 5月15〜16日 オートポリス
4 6月19〜20日 スポーツランドSUGO
5 8月28〜29日 ツインリンクもてぎ
6 10月2〜3日 岡山国際サーキット
7 10月30〜31日 鈴鹿サーキット