ニッサン、新型『ノート』の4WDモデルを発表。2020年度内発売、価格は228万円から

 ニッサンは12月23日、新型『ノート』の四輪駆動モデル“e-POWER 4WD”を発表し、2020年度内に発売予定であるとアナウンスした。また、先月24日に先行発表されている2WDモデルについては12月23日より販売が開始されている。

 今年11月にフルモデルチェンジを受け3代目となった新型ノート。純ガソリン車が廃止され、全車がe-POWER搭載の電動車となったこのコンパクトカーは、そのお披露目時に4WD仕様の存在が明言されていた。
 
“S FOUR”と“X FOUR”という2種類のグレードが用意された新型ノートの4WD車は、全車速域において前後2基のモーターで4輪すべてを駆動・制御することで、新次元の走りを実現した本格電動4輪駆動システムを搭載するモデルだ。

 リヤの駆動用モーターには前型“e4WD”の約14倍もの駆動力を発生する50kW(約68ps)モーターが採用された。これを含めた前後独立モーターをニッサン独自の制御技術によって緻密かつ瞬時にコントロールすることで、ウエット路面やアイスバーン、雪道などあらゆる路面状況においても力強く安定した走りを実現する。

 また、ブレーキング時には4輪の減速力を高精度に制御。車体をフラットに保ったまま安定した状態で減速することを可能とした。さらに、後輪用モーターでの回生制御を追加したことでエネルギー回収効率も向上している。

 これらはニッサンが電気自動車『リーフ』などで培ってきた電動車の制御技術であり、新型ノート“e-POWER 4WD”は、これまでの常識を超える本格電動4輪駆動システム搭載車として、より安心で快適なドライビングを楽しむことが可能になった。
 
 2020年度内の発売が予定されている新型ノートePOWER 4WDのメーカー希望小売価格は“S FOUR”が228万8000円(税込)、“X FOUR”が244万5300円(税込)だ。

後輪用モーターは50kW(約68ps)に大幅パワーアップ
後輪用モーターは50kW(約68ps)に大幅パワーアップ
ニッサン・ノートe-POWER 4WD 登り坂での発進イメージ
ニッサン・ノートe-POWER 4WD 登り坂での発進イメージ
新型ニッサン・ノートe-POWER 4WDに採用される前後独立モーター方式のイメージ図
新型ニッサン・ノートe-POWER 4WDに採用される前後独立モーター方式のイメージ図
ニッサン・ノートe-POWER 4WD 雪道での発進イメージ
ニッサン・ノートe-POWER 4WD 雪道での発進イメージ
2020年12月23日に発表された新型ニッサン・ノートe-POWER 4WD
2020年12月23日に発表された新型ニッサン・ノートe-POWER 4WD

ニッサン・ノート WEBカタログ:https://www3.nissan.co.jp/vehicles/new/note.html