ブリッド『ストラディアIII』発売。人気スポーツシートが15年ぶりフルモデルチェンジ

 スポーツシートメーカーのブリッドは12月22日、カスタマイズ用スポーツシートの主力ラインアップをフルモデルチェンジした『STRADIA III(ストラディアIII)』を発表し、同製品を2021年2月1日より発売するとアナウンスした。

 国内トップシェアを誇るブリッドの旗艦商品として絶大な支持を得る『ストラディア』シリーズが約15年ぶりにフルモデルチェンジを受け、“バージョンIII”へと進化した。

 3D-CADによって解析、設計されたボーンフレームと、『ジータIV』のデザインを継承したモノコック構造のボディシェルは、サーキット走行で求められるホールド性能とストリートでの日常使いに必要な利便性を高い次元で両立。ショルダーに深く入り込んだ形状とすることで、剛性と強度が飛躍的に向上している。

 また、使い勝手を重視して新開発されたリクライニング機構も前作より小型化されながら強度が高められた。さらに、バックラッシュ(遊び)の幅はごく微量となり、より確実なホールド性を実現。角度調整は従来のダイヤル式から操作性に優れたワンタッチ式レバーへと変更されている。

 この他、サーキット走行などモータースポーツには欠かせない6点式ハーネス用のホールの新設、厚みの異なるスタンダートクッションとロークッションの2タイプから選択可能となった新世代スーパーシートは“グラデーションロゴ”、“ブラック”、“レッド”という3種類のカラーが用意された。

スタンダードクッション(上)と厚みを3分の2に抑えたロークッション(下)
スタンダードクッション(上)と厚みを3分の2に抑えたロークッション(下)

 価格はシェル素材とカラーリングで異なり、背面がシルバーのFRP製はグラデーションロゴで18万5000円(税別)、ブラックとレッドは18万円(税別)だ。一方、スーパーアラミド製では背面がブラックとなり、こちらはグラデーションロゴが23万5000円(税別)、ブラックとレッドはそれぞれ23万円(税別)となっている。

 また、後部座席のある車両にストラディアIIIを取り付ける場合の車検対応パーツとなる『シートバックプロテクター』は各5500円(税別)で発売中。カラーはブラックとレッドの2色展開だ。

別売のシートバックプロテクター
別売のシートバックプロテクター
リクライニングイメージ
リクライニングイメージ
座面裏に新設された6点式ハーネス用ベルトホール
座面裏に新設された6点式ハーネス用ベルトホール
スーパーアラミド製シェル(左)とFRP製シェル(右)
スーパーアラミド製シェル(左)とFRP製シェル(右)

ブリッド ホームページ:https://bride-jp.com/