スーパーフォーミュラ・ライツ:合同テスト2日目は宮田が首位。三宅が2番手につける

 全日本スーパーフォーミュラ・ライツ選手権の合同テスト2日目は12月22日、静岡県の富士スピードウェイで12時から2時間のセッションが行われ、7台が走行。カローラ中京 Kuo TEAM TOM’Sの37号車をドライブした宮田莉朋がトップタイムをマーク。初のSFLテストとなった三宅淳詞が2番手につけた。

 12月21日からスタートしたスーパーフォーミュラ・ライツの合同テストは、12月22日が2日目。全日本スーパーフォーミュラ選手権の合同/ルーキードライバーテストのセッション1/2の間の12時から2時間の走行が行われた。

 前日は8台が出走していたが、1日目で佐藤蓮(TODA RACING)のマシンがダメージを受けていたため、この日は走行せず、7台が周回。51号車には佐々木大樹、RS FINEは佐藤セルゲイビッチが乗り込み、他の車両は前日同様のメンバーとなったが、37号車には1時間前までスーパーフォーミュラに乗っていた宮田莉朋が乗りコースインしている。

 セッション序盤は、その宮田が1分32秒360をマークしピットへ戻り、小高一斗、佐々木大樹が続く。しばらく走行は淡々と進められていたが、開始40分には三宅淳詞(ルーニースポーツ)がピットロードエントリーで停止してしまったため、赤旗が提示された。

 後半は、3台のマシンでドライバーが交代。カローラ中京 Kuo TEAM TOM’Sは37号車に平良響が乗り込み、B-MAX RACING TEAMの51号車には午前にスーパーフォーミュラで48周を走っていた今田信宏が乗り込んだ。また、RS FINEの35号車には河野駿佑が乗車している。

 終盤には各車ニュータイヤを装着しアタックを行うが、ここでは思うようにタイムが伸びず、宮田のタイム更新はならず。宮田がトップ、2セットのニュータイヤを装着していた三宅が2番手で初のスーパーフォーミュラ・ライツのテストを締めくくった。3番手には金丸悠(B-MAX RACING TEAM)がつけている。

全日本スーパーフォーミュラ・ライツ選手権
合同テスト 2日目タイム

Pos No Driver Car Engine Time Laps
1 37A 宮田莉朋 カローラ中京 Kuo TEAM TOM’S トムスTAZ31 1’32.360 16 / 17
2 10A 三宅淳詞 ルーニースポーツ スピースA41 1’32.502 31 / 44
3 50 金丸悠 B-MAX RACING TEAM スピースA41 1’32.710 49 / 52
4 35A 河野駿佑 RS FINE トムスTAZ31 1’32.829 17 / 20
5 37C 平良響 カローラ中京 Kuo TEAM TOM’S トムスTAZ31 1’32.846 18 / 28
6 36B 小高一斗 カローラ中京 Kuo TEAM TOM’S トムスTAZ31 1’32.980 17 / 48
7 51B 佐々木大樹 B-MAX RACING TEAM スピースA41 1’33.061 26 / 27
8 13 平木玲次 B-MAX ENGINEERING スピースA41 1’33.161 45 / 47
9 51A 今田信宏 B-MAX RACING TEAM スピースA41 1’34.212 24 / 26
10 35B 佐藤セルゲイビッチ RS FINE トムスTAZ31 1’34.935 25 / 27

天候:晴れ 路面:ドライ

三宅淳詞(ルーニースポーツ)
三宅淳詞(ルーニースポーツ)
金丸悠(B-MAX RACING TEAM)
金丸悠(B-MAX RACING TEAM)
平良響(カローラ中京 Kuo TEAM TOM’S)