山本尚貴が改めて振り返るGT500奇跡の大逆転劇。「まんまとはめられた」開発陣への敬意と鈴鹿の伏線

 2020年のスーパーGT第8戦は、最終ラップの最終コーナーにおける、歴史に残る大逆転劇で幕を閉じた。一方にとっては悲劇であり、他方にとっては歓喜であったその瞬間は、3週間が過ぎたいまも色褪せることなく、スーパーGTを愛するすべての人の心に深く刻まれていることだろう。

 あの日、最終コーナー立ち上がりでKeePer TOM’S GR Supraをオーバーテイクしてタイトルをもぎ取ったRAYBRIG NSX-GTの山本尚貴が、シーズン終了後、その舞台裏についてじっくりと語ってくれた。

 取材時点ではスーパーフォーミュラ(SF)の最終戦を残していたこともあり、GT500チャンピオンの実感について「嬉しさはありますが、まだ気が抜けません。SFのタイトル争いが残っているので、喜びすぎると足をすくわれます」と気を引き締める山本だったが、そのSF最終戦では平川亮との直接対決の末、見事に戴冠。2018年に続いて、SFとGT500のダブルタイトル獲得を成し遂げた。

 スーパーGTにおいて、この一年のターニングポイントとなったのは第6戦鈴鹿だという。山本が乗り込む直前、ピットロード入口で牧野任祐がKeePer TOM’S GR Supraに追突されたレースだ。

 マシンのリヤ周りは大きく破損しており、すでにポイント圏外。だが山本は「修復したら走れるのであれば、直してください」とチームに訴え、コクピットに座り続けた。テストの機会も限られた2020シーズン、山本は残されたチェッカーまでの時間を有効利用することを考えていたのだ。

「11年、このシリーズで戦ってきているので、残り2戦の重要性は分かっています」

 修復なったマシンで、バックアップのタイヤを履いてコースインした山本は「それまでの悩みが全部解消された気になるようなものだった」とそのタイヤの感触を振り返る。「自分のなかで、確信めいたものが生まれました」。

 果たしてそのタイヤは最終戦富士で最高の結果を生むことになるのだが、それだけではなかった、と山本は言う。

「あそこで僕が『無理だからやめよう』と言ったら、チームのなかにもあきらめの空気が出てきてしまう。『何が何でもコースに戻り、タイトル獲るため頑張るんだ』という姿勢を示せたことも、タイトル獲得につながったのだと思います」

■知らなかった“アラート解除”と、タイトル獲得の“最大の要因”

 最終戦富士の後半スティント、KeePer TOM’S GR Supraを追っていった場面では、燃料残量を考慮した山本の完璧なマネジメントが、最後の最後で勝利を呼び込むことになった。

「僕がプッシュを始めるタイミングがちょっとでもズレていたり、僕のプッシュの仕方が弱かったりしたら、相手にあそこまで燃料を使わせることはできず、37号車は普通にゴールしていたでしょう」と山本は振り返る。

 トラフィックが絡む瞬間を最後まで狙い続けていた山本は、最終ラップに入る直前、最終コーナーで「首を伸ばしてストレートを見てみたら(笑)、GT300のマシンはほとんどいなかった」という。しかし、それでも諦めなかった。

「最後の最後で何かあるならガス欠かメカトラブルですが、それは僕にも言えることで、走りながらヒヤヒヤしていました」

 結果は、キーパーの燃料が先に尽き、レイブリックの見事な逆転勝利となった。

「ギリギリな状況ではありましたが、自分が考えたプランどおりの理想的な展開となったことに、ものすごく興奮しました」と山本。

 なお、最後の数周で燃料不足のアラートが点いたキーパーに対し、レイブリックはチェッカーを受けるまでアラートが点くことはなかった。しかし、レイブリックもチェッカー直後にはガス欠から燃圧が低下し、ウイニングランを走り切ることはできなかった。

 これについては最終戦後の取材で、ホンダはエンジン関連のアラートをすべて解除してレースに挑んでいたことが判明したが、山本はこの件を知らされていなかったという。

「それを聞くとドライバーは不安になりますから、ドライバーはみんな知らなかったと思います」

「アラートが点いたのはガス欠になったとき(チェッカー後)で、事情が分かっていなかったので『いま点いても遅いでしょ?』って(笑)。裏ではそういうことがあったんだと思うと、アタマが上がりません」

 ドライバーやチームだけでなく、ホンダ=HRD Sakuraとしても「攻め」の気持ちで挑んでいた最終戦。アラートの件について山本は「まんまとはめられました(笑)」と、開発陣への敬意を込めて表情を緩めた。

2020年スーパーGT第8戦富士 RAYBRIG NSX-GT(山本尚貴/牧野任祐)
2020年スーパーGT第8戦富士 RAYBRIG NSX-GT(山本尚貴/牧野任祐)

 インタビューの最後、山本は「タイトルを獲れた最大の要因」について、こう口にした。

「最後にアクセルを踏ませてくれたのはチームだと思っています。長年在籍させてもらい、みんなの気持ちは分かっているので、最後に踏んでいけた」

「あとは任祐。あのような展開で僕がトップチェッカーを受けたからチャンピオン、というような印象になるかもしれませんが、チームメイトが任祐でなかったら間違いなく獲れていない。タイトルを獲れた最大の要因だと思います」

 髄膜炎のためSF最終戦を欠場し療養中の牧野に、そろって話を聞くことは今回かなわなかった。だが、GT500を2回、SFを3度制した山本が、新たに迎え入れた若き相棒に全幅の信頼を寄せていることが、その言葉からは伝わってくる。コンビ結成1年目での最高の結末は、ふたりで力を合わせて手に入れたものだった。

 苦闘の一年と最終戦の裏側を語り尽くしたインタビュー全文は、12月24日(木)発売のauto sport臨時増刊『2020-2021スーパーGT公式ガイドブック総集編』に掲載されている。