より豪華に! ジープ、3列7人乗りの「グランド コンパス」を初設定へ

■後部ドアを延長、フォグランプを再配置、改良されたグリルや新設計のヘッドライトを搭載

先日ジープ「コンパス」改良型プロトタイプを捉えたばかりですが、そのロングバージョンとなる「グランド コンパス」市販型プロトタイプをカメラが捉えました。

ジープ グランドコンパス_008
ジープ グランドコンパス 開発車両

コンパスは、クライスラーのジープブランドで販売されるコンパクト・クロスオーバーSUVです。

初代は2006年から2017年まで、実に11年販売が継続されていました。同年フルモデルチェンジし、第2世代へバトンタッチ、これが初の大幅改良となります。

ジープ グランドコンパス_011
ジープ グランドコンパス 開発車両

捉えたプロトタイプは、先日キャッチしたベースモデルよりかなり厳重にガードされており、これがジープかどうかの判別も困難なレベルです。しかし、後部ドアが延長されており、3列7人乗りレイアウトであることが予想できます。また再配置されたフォグランプ、改良されたグリルや新設計のヘッドライトが搭載されている様子が伺えます。

ジープ グランドコンパス_001
ジープ グランドコンパス 開発車両

室内には、新デザインのステアリングホイール、ダッシュボード、センターコンソール、ギアシフターを装備するほか、10.25インチの自立型インフォテイメントディスプレイ、10.1インチのデジタルゲージクラスタなどを搭載すると予想されます。

パワートレインは、1.3リットル直列4気筒ターボチャージャーエンジン、1.4リットル直列4気筒ターボチャージャーエンジンをラインアップし、それぞれ7速AT前輪駆動と9速AT全輪駆動と組み合わされます。

欧州仕様では、EV走行だけで50kmを走るプラグインハイブリッドも設定されることが濃厚とされています。

コンパス改良型のデビューは2020年内とみられますが、7人乗りグランドコンパスは2021年内と予想されます。

(APOLLO)