いよいよチャンピオン争いのクライマックス。最終戦富士決勝、ランキング上位4名のタイトル獲得の条件

 2020年シーズンの全日本スーパーフォーミュラ選手権の最終戦となる第7戦の公式予選が終了した。シリーズタイトルの獲得の可能性を残している野尻智紀(TEAM MUGEN)がポールポジション、山本尚貴(DOCOMO TEAM DANDELION RACING)が3番手と、予選でポイントを獲得している。改めてシリーズタイトル獲得の条件を確認しよう。

決勝順位 獲得ポイント 山本尚貴(56pt) 平川亮(55pt) 野尻智紀(47pt) N.キャシディ(42pt)
優勝 20 76 75 67 62
2位 15 71 70 62 57
3位 11 67 66 58
4位 8 64 63
5位 6 62 61
6位 5 61 60
7位 4 60 59
8位 3 59 58
9位 2 58 57
10位 1 57
10位以下(ノーポイント) 0 56

・上記表の獲得ポイントは第7戦で有効ポイントを獲得する前提で、これまでの上位4大会分のポイントと第7戦公式予選の獲得ポイントを加えたもの
・相手の順位に関わらずタイトル獲得となる箇所は太文字
・シリーズタイトル獲得の可能性がなくなる箇所は『ー』

 公式予選の結果、山本が1ポイントを獲得し、ポイントランキングトップに浮上。これにより、平川亮(ITOCHU ENEX TEAM IMPUL)がシリーズタイトルを獲得するには山本の前でチェッカーを受けることが絶対条件となった。

 ポールポジションの3点を獲得した野尻智紀は、表彰台が絶対条件となる。さらに、山本と平川の順位次第ではタイトル獲得とはならない。

 最後尾スタートとなるニック・キャシディ(VANTELIN TEAM TOM’S)には優勝しか残されていない。山本が6位、平川が5位以下でチェッカーを受けなければ届かないという非常に厳しい条件となっている。