LMDh:数カ月以内にさらなる参戦表明も? 約15ものメーカーが議論に参加

 IMSAのプレジデントを務めるジョン・ドゥーナンは、相次いでLMDhへのコミットメントを表明したアウディとポルシェに続いて、今後数カ月以内にさらなるマニュファクチャラーが参戦を表明することを予期しているという。

 LMDhはIMSAウェザーテック・スポーツカー選手権の現行最高峰クラスであるDPiの後継規則で、2023年から完全採用される予定。ACO/WECとのコラボレーションにより、LMDh車両はWEC世界耐久選手権の新たな最高峰『ハイパーカー』クラスへも参戦することができる。

 アウディポルシェは、現在DPiに参戦するアキュラとともに、2023年に始まる新たなプラットフォームを利用した車両を開発する意向を表明している。

 レクサス、BMW、ヒュンダイなど、12を超えるメーカーが議論に参加しており、彼らは次にプログラムを確約するメーカーとなる可能性がある。

 ドゥーナンはすでに参戦をコミットする準備ができている特定のメーカー名を明らかにしてないが、彼はすぐにも参戦を表明する新たなメーカーが出てくることに自信を見せている。

「誰かが常に“最初”である必要があるが、ポルシェとアウディの先週のコミットにおいて、それは公式なものとなった。そして、現在交渉のテーブルについている他のメーカーがあることは、我々に途方もない希望と勢いを与えてくれている」とドゥーナンは語る。

「こういった発表が行なわれたあと、他のメーカーがさらに続くという傾向がある」

「これが正しいビジネスモデルであることを望んでいるが、一方で誰かが打席に入ろうとしているとき、真剣に向き合うことも必要だ」

「2020年内にできるかは分からないが、遅くとも2021年の最初の3カ月のうちには、さらなるアナウンスができるように祈っている」

 LMDhの完全採用が始まる2023シーズンにおいて、過去最大の参戦台数を得るため、「他のいくつかの」マニュファクチャラーが「承認のプロセスを進めている」こと知っている、とドゥーナンは述べている。

 DPiクラスは現在、アキュラ、キャデラック、マツダの3メーカーが参戦しているが、IMSAにもWECにも参戦できる規則となるLMDhでは、マニュファクチャラーの数は2〜3倍に増えると予測されている。

「2023年に多くのメーカーを代表するプロトタイプマシンがグリッドを埋める可能性が、我々全員に期待を抱かせている」とドゥーナン。

「これまで、テクニカル・ワーキング・グループにはおよそ15のメーカーがいた。目の前で、歴史的な戦いが繰り広げられるのを目にする機会があるだろう」

「もし15のマニュファクチャラーがいて、彼らのうち半分でも参戦してくるとしたら? それについて考えてみてほしい。鳥肌が立つ思いだ。とてもポジティブだよ」