シルバーストンのピットストレート名が“ハミルトン・ストレート”に変更に

 シルバーストン・サーキットは、2020年F1アブダビGPの週末、ルイス・ハミルトンの傑出した業績を讃えるためインターナショナル・ピットストレートの名称を“ハミルトン・ストレート”に変更することを発表した。

 2020年もメルセデスは大きな成功を収めた。ハミルトンはトルコGPで7度目の世界タイトルを獲得し、F1の伝説であるミハエル・シューマッハーが打ち立てた記録に並んだ。

 これを受け、シルバーストンのオーナーであるブリティッシュ・レーシング・ドライバーズ・クラブ(BRDC)は、ハミルトンを称えるために、インターナショナル・ピットストレートにハミルトンの名を冠することを決めた。

2020年F1第14戦トルコGP ルイス・ハミルトン(メルセデス)が優勝、7度目のタイトルを獲得
2020年F1第14戦トルコGP ルイス・ハミルトン(メルセデス)が優勝、7度目のタイトルを獲得

 シルバーストンウイングの横に位置するこのセクションは、世界的に有名なこのコースの中で、ドライバーの名前にちなんだ名称が与えられた唯一の場所となる。

 ハミルトンはシルバーストンでのイギリスGPで7勝という最多記録を保持している。

 現在のBRDC会長であるデイビッド・クルサードは、アビダビGPの土曜日に、ハミルトンにこの良いニュースを伝えることができてうれしかったと語っている。

「BRDC代表という立場で、今日このニュースをルイスに伝えられることをうれしく思う」とクルサード。

「一個人の名前にちなんでサーキットの一部に名称がつけられるのは、シルバーストンの歴史が始まって以来初めてのことだ」

「ルイスはこの歴史の中で大きな部分を占めるようになった。そのためクラブのディレクターと私は、彼の記録的な業績を称えるために、象徴的なピットストレートの名を改称する以上に良い手はないと考えた」

ルイス・ハミルトン(メルセデス)
2020年F1第17戦アブダビGP ルイス・ハミルトン(メルセデス)

 アブダビでハミルトンは、BRDCから授けられた名誉について「感謝し、恐縮している」と語った。

「すごいことだ。思いがけない出来事だよ」と95回のグランプリ優勝を飾ったハミルトンは語った。「言葉にならない」

「シルバーストンでナイジェル(・マンセル)を観たことを覚えている。素晴らしい観客も心に残っている。今では自分が毎年ここを走るようになった。ここは僕にとって重要な場所なんだ。誇り高い瞬間だよ」

「驚いている。他にこのようなドライバーはいないからね。だからとても感謝しているし、謙虚に受け止めている。そして少なくとも僕がレースをしている間、できればその後も、BRDCとイギリスの人たちに誇りに思ってもらえるようでありたい」

 1950年5月13日のF1初ラウンドを開催したのはシルバーストンであり、それ以来、同サーキットの歴史は、グランプリレースの歴史に根付いている。