スーパーフォーミュラ・ライツ:第15戦富士は宮田莉朋が今季11勝目を飾る

 全日本スーパーフォーミュラ・ライツ選手権第15戦は12月19日、静岡県の富士スピードウェイで21周の決勝レースが行われ、宮田莉朋(カローラ中京 Kuo TOM’S 320)がポール・トゥ・ウインで今季11勝目を飾った。2位は7番手スタートの阪口晴南(Buzz Racing with B-MAX)で、3位は小高一斗(カローラ中京 Kuo TOM’S 320)となった。

 9時20分から行われた公式予選からスーパーフォーミュラ、TCRジャパンシリーズのレースを経て13時50分からフォーメーションラップが行われた『REBELLION 全日本スーパーフォーミュラ・ライツ選手権 第15戦』の決勝レース。予選では宮田莉朋(カローラ中京 Kuo TOM’S 320)がポールポジション、2番手には阪口晴南(Buzz Racing with B-MAX)がつけていたが、阪口は専有走行でエンジン交換を行っていたこともあり、グリッド降格で7番手に。フロントロウ2番手には小高一斗(カローラ中京 Kuo TOM’S 320)がつけた。

 この時季ということもあり、2周のフォーメーションラップを経て迎えたスタートでは、ポールポジションの宮田がトップでTGRコーナーへ。小高、そして3番手スタートの河野駿佑(RS FINE K&N 320)と続くが、7番手スタートの阪口が1周目に早くも4番手に浮上する。

 阪口はさらに2周目には河野を、3周目には小高もかわし一気に2番手へ。その後方では小高を先頭に、河野を5周目にかわした名取鉄平(TODA FIGHTEX)が続く上位陣という展開となっていった。

 中盤、宮田はファステストラップを記録しながら阪口との差を3〜5秒程度に開きながらラップをこなし、小高、名取、河野の3番手集団と続く展開となるが、中盤以降ルッカ・アレン(Albirex-RT)と入山翔(Albirex-RT)の6番手をめぐるバトルが激化する。

 入山は再三にわたりTGRコーナーでアレンに仕掛けるが、アレンが粘りポジションを死守。そのうちに、8番手につけていた山本左近(BREBELLION Buzz 320)が接近するが、16周目、サイド・バイ・サイドでアレンと競った入山のリヤに山本が接触。入山はスピンを喫した。

 トップを快走した宮田は、ファイナルラップに1分32秒399というファステストラップを更新する走りをみせ優勝。今季11勝目をマークした。2位は6.604秒差で阪口、3位は小高という結果となった。

 マスタークラスは、1周目の最終パナソニックコーナーでDRAGON(TEAM DRAGON SFL)と今田信宏(JMS RACING with B-MAX)がわずかにヒットするシーンもあったが、3周目にDRAGONが今田をかわし、クラストップに浮上する。

 しかし、その後も今田はDRAGONに食らいつき、僅差のレースとなっていったが、最後はDRAGONが逃げ切り、今季13勝目を11連勝で飾った。

全日本スーパーフォーミュラ・ライツ選手権第15戦 スタート
全日本スーパーフォーミュラ・ライツ選手権第15戦 スタート
阪口晴南(Buzz Racing with B-MAX)
阪口晴南(Buzz Racing with B-MAX)
小高一斗(カローラ中京 Kuo TOM'S 320)
小高一斗(カローラ中京 Kuo TOM’S 320)
ルッカ・アレン(Albirex-RT)
ルッカ・アレン(Albirex-RT)
ルッカ・アレンと競り合う山本左近と本山哲
ルッカ・アレンと競り合う山本左近と本山哲
全日本スーパーフォーミュラ・ライツ選手権第15戦 表彰台
全日本スーパーフォーミュラ・ライツ選手権第15戦 表彰台
DRAGON(TEAM DRAGON SFL)
DRAGON(TEAM DRAGON SFL)
全日本スーパーフォーミュラ・ライツ選手権第15戦 マスタークラス優勝のDRAGON(TEAM DRAGON SFL)
全日本スーパーフォーミュラ・ライツ選手権第15戦 マスタークラス優勝のDRAGON(TEAM DRAGON SFL)

全日本スーパーフォーミュラ・ライツ選手権第15戦
決勝結果

Pos No Cls Driver Car Engine Laps Grid Time
1 36 宮田莉朋 カローラ中京 Kuo TOM’S 320 トヨタ-トムスTAZ31 21 1 1’31.370
2 50 阪口晴南 Buzz Racing with B-MAX スピースA41 21 7 1’31.542
3 37 小高一斗 カローラ中京 Kuo TOM’S 320 トヨタ-トムスTAZ31 21 2 1’32.073
4 2 名取鉄平 TODA FIGHTEX 戸田TR-F301 21 5 1’32.847
5 35 河野駿佑 RSFINE K&N 320 トヨタ-トムスTAZ31 21 3 1’32.423
6 3 L.アレン Albirex-RT 東名TB14F3 2020 21 6 1’33.169
7 13 本山哲 REBELLION Buzz 320 スピースA41 21 10 1’33.662
8 5 入山翔 Albirex-RT 東名TB14F3 2020 21 4 1’32.774
9 30 M DRAGON TEAM DRAGON SFL スピースA41 21 12 1’34.343
10 51 M 今田信宏 JMS RACING with B-MAX スピースA41 21 8 1’33.496
11 10 M 植田正幸 Rnsports320 スピースA41 21 11 1’34.249
12 52 山本左近 REBELLION Buzz 320 スピースA41 21 9 1’33.538

ファステストラップ:宮田莉朋(カローラ中京 Kuo TOM’S 320) 1’32.399
ペナルティ:Car No.52は、シリーズ規則15条1.(他車への衝突)違反により、競技結果に対して30秒加算のペナルティを科す。